出会い口説きALLOK

デキル男のためのライフスタイルマガジンです。裏モノJAPAN監修の出会いやナンパに特化したブログです。

ヤクルトレディの更衣室を盗み聞きアンパンマンでガキを手なずけ三十路の熟れた肉体をモノにした

内装屋でバイトをしていた今年7月、ヤクルトの“宅配センター”の工事を手がけることになった。お馴染み、町を笑顔で回る人気者、ヤクルトレディの営業所だ。現場は、市内の8つの宅配センターで、各所を3日間ずつ作業していくスケジュールである。
初日の朝8時半。知り合いと一緒に、最初の宅配センターに向かう。現場に到着し、トラックから荷物を下ろしていると、自転車や原付で出勤してくる女性たちの姿が見えた。ヤクルトレディだ。普段は、例の制服姿しか目にする機会がないため、こうして私服姿を見るのは新鮮だ。今どきファッションの若いコとかもいるし。さすが女性の職場、託児所がついているのだろう、小さな子供を連れて来ている母親なんかもけっこういた。彼女たちは、まもなく制服に着替えて出てきた。ほほー、ミニスカねーさんも、子供連れのママさんも、いきなりヤクルトレディの顔になるもんだな。みなさん、いってらっしゃい。
あなた、オトコに飢えてるんですか
昼1時。一人でボイラー室の作業に取りかかろうとしていたときだった。ヤクルトレディたちが続々と事務所に戻ってきた。もう仕事上がりらしい。うらやましいこって。こっちはもうひと仕事だと、ボイラー室に入ったところ、どこからか人の声が聞こえてくる。…女? 壁の向こうからだ。
「はぁ〜疲れたわあ」
「ほんまやわ」
壁が薄いのか、丸聞こえである。会話に混じってロッカーを開け閉めするような音も。どうやら隣がレディたちの更衣室らしい。
「ヨシムラさん、ダンナはどうしてんの?」
「知らんわ。あんなんはもうどうでもええねん」
話は妙な方向に進む。
「最近はカレシとかはおらへんの?」
「おらんな。けどこの前、チャットで男の人と会うてん」
 出会い系やってんか? 
「そんなんやってんの」
「たまにやで、エッチしたくなったときにな」
体がカァーと熱くなってきた。ヨシムラさん、あなた、オトコに飢えてるヤクルトレディなんですか。翌日の朝、誰なのかわかった。配達に向かう制服姿のヤクルトレディたちの中に、名札が「吉村」の女がいたのだ。 年齢は三十ちょっとくらい。制服姿の似合うキリっとした顔立ちのべっぴんさんだ。まさかこんな美人がオトコに飢えてるとはな。どうにかしてやりたいもんだ。何かうまい方法があればいいんだけど。昼過ぎ、またボイラー室に行ってみたら、帰り支度をする吉村さんが、3才くらいの子供を連れていた。私服になると3割減、普通の三十路ネーさんだ。ふーむ。
3日目。この営業所での作業も最後となる日の昼。吉村さん親子が帰ろうとしてるところに近寄っていき、ポケットに忍ばせた携帯を操作した。チャラララーン! 流れてきたのはアンパンマンのテーマだ。「おっ、メールか」とかなんとか小芝居すると、子供がこちらをチラチラ見てくる。「ぼく、アンパンマン好きなのか」
「…うん」「おっちゃんの息子も好きなんや。ほらこれ」
事前にダウンロードしておいたアンパンマンの画像を子供に見せる。
「どうやいいやろ、あげようか? ママの携帯に送ってあげるわ」
我ながら名案だと思ったのだがどうだろう。強引すぎやろうか。いや、更衣室であんなこと言ってたんやし…。
「ゆうた、よかったわね」
よし食いついた! その後、吉村さんとは2週間ほどやりとりし、会うことになった。相手は出会い系でオトコ漁りしている人妻である。エッチまでの流れはすんなりだった。残りの宅配センター7ヵ所でも、同じように盗み聞きで飢えたヤクルトレディを探そうとしたが、そうは問屋が卸さず、成功例はこのひとつだけだ。