出会い口説きALLOK

デキル男のためのライフスタイルマガジンです。裏モノJAPAN監修の出会いやナンパに特化したブログです。

合コンと人妻という相性のよさ

もっぱら合コンだ。合コンサイトを使い人妻と今も月に1回ほどの頻度で飲み会を開いている。合コンと人妻という、相容れぬように思えるこの組み合わせ。実は簡単にセックスしたいならばこれ以上の方法は他にないんじゃないかと思われるほど相性がよい。
ヒマだらけの学生やOLと違い、人妻たちは少ない時間をやりくりして合コンに出席するため、その意気込みたるや半端じゃない。楽しく飲めればそれでよし、とは考えず、常にヤルかヤラないかの二択で挑んで来ているのが手に取るようにわかるのだ。まさにヤリコン、まさに入れ食い。ここでは僕の経験から導き出された成功法則を紹介しよう。きっかけ作りはやはりネットしかないだろう。知人つながりの合コンではないからこそ、無茶なこともできようというものだ。サイトは当然のことながら男女比率は極端に偏っている。どう差別化すれば合コン開催にまで至れるのか。最初に検索機能を使って、相手を既婚者に絞るだけでもずいぶんライバルは減るだろう(なぜか、他の連中は既婚に手を出したがらない傾向にある)が、やはりプロフィールの作成には力を入れたほうがいい。攻撃するにせよ、ただひたすら待つにせよ、アピールポイントはここしかないのだから。
合コン人妻の目的は大きく2種類しかない。若くてかわいいジャニーズ系を食ってみたい願望か、旦那の愚痴などに付き合わせつつセックス面も満たされたい願望か。となればルックスで勝負できない我々のキャラ設定は、一緒に日常を忘れませんか?と仲間意識を誘うのが正解。既婚者同士で飲みませんかという文句を軸に、自分たちは芸能人で誰に似ているか(5割増しで)、勤務先名(嘘でいい)お店はどこか(リンク貼る)、予算は幾らかを、具体的に記す。わいわい楽しく、盛り上げます、がっかりさせません、といった抽象ワードは、まったくイメージが沸かないので使わないこと。
さらにここで考えるべきは人数問題だ。夕ーゲットの絶対数を確保しようと3対3かそれ以上を望みがちだが、僕は断固2対2をお薦めする。統計上2対2の場合、相手は2人とも不倫経験アリで、共にセフレ化可能だ。一方がユルいのに一方が固く、なんだかんだで結局2人とも帰っちゃったという最悪パターンは、こと人妻に関しては極めて少ない。人妻の友人関係というのは単純なもので、近所、学生時代、パート仲間など、それがたとえどんなつながりであれ、彼女らは開けっぴろげに男遊びを語れる間柄かそうでないかによって、付き合う相手を分けている。合コンという場に2人きりで現れる友人となれば、開けっぴろげ仲間であることに間違いなく、片方を崩せば双方共に陥落する。これが3対3以上になると、異物が紛れてしまう。3人が親密な関係なのではなく、どちらか1人の友人が連れてきただけの数合わせだ。この第三者が「先に帰ります」などと、せっかくの流れを崩す場面に、僕は何度も出くわしたことがある。

内容/都内の事務機器の○○ってとこの営業マンやってる〇〇一郎、才です。顔は山本太郎系って言われるかな。2対2ぐらいで飲みに行こうよ。僕が呼べるのは会社の同僚か、学生時代の友達かな。同僚は会社の後輩で、カッコいいというよりかわいい感じ。年上の女性にもモテるタイプだよ。学生時代の友達は美容師をやってて原宿っぽいファッションをよく着てて、ニット帽が好きみたい。髪形はいつも変えてる感じです。お店はカフエ・ゴージャスか、ビューティ・ブルーがいいと思う。写真が載ってる
から、お店の雰囲気をチエックしてね。

合コンの開催が決定した時点で、目的の80%は達成されたも同然である。あらためて言うが、彼女ら人妻はかなり高いヤリ目度を抱いて参加しているため、よっぽど下手を打たない限りは、セックスに持ち込めるものだ。とはいえ、やはり相手が人妻ならではの動き方はあるにはある。まず誰が誰を狙うのか決めておくべきなのは言うまでもないが、この場合、相手の好みに関しては一切関知する必要はなく、男側の一方的な取り決めでOKだ。スタート時から、わざとあからさまに、俺は○○狙い、俺は××狙いと表明し、とにかくホメてホメてホメちぎっておけば、積極的にアプローチされることに慣れていない彼女らは、わざわざその居心地のよさを放棄してまで自らの好みを優先しようとは考えないからだ。即ヤリのために不可欠な工口系の話題を、どのタイミングで出すか?経験上、これは深く考えなくとも向こうから勝手に振ってくるものだが、もし固め
の展開が続くようならば、質問口調にならぬよう、あくまで自分たち、あるいは他人の話題として口にしよう。
「こいつんとこ、セックスレスだからねえ」
「ウチのカミさん、浮気してるっぽいんだよね」
導入はこんな感じか。その後は、君と恋愛をしてみたいなぁという路線で攻める。不倫という言葉は暗いイメージが漂うのでNG。あくまで恋愛対象なのだと強調すること。自分たちがセックス目的なくせに、簡単にヤラせる女と見られることを極端に嫌うプライドの高さも人妻独特の特徴なのである。また、子供に関する話題は出さないように。彼女らにとって、旦那は他人に過ぎないが、子供は身内である。下手に顔を思い出させると、里心がついて、性的な方向へ進めなくなってしまうことも。