出会い口説きALLOK

デキル男のためのライフスタイルマガジンです。裏モノJAPAN監修の出会いやナンパに特化したブログです。

40オーバーの人妻は拝み倒せばヤレちゃう説

昔から女遊びが好きで、40代のころもよく人妻を口説いてたんだけど、拒絶されるとあっさり引き下がってたんだよね。だって妻や子供もいる四十男がさ、あんまりがっついちゃうのはみっともないでしょう。要するに格好つけてたんだよ。
でも実は、40オーバーの女なんて拝み倒せばわりと簡単にヤレちゃったりするんだよね。地味な感じのオバチャンなんかは特に。それに気づいたのは50も半ばを過ぎたあたりだったかな。それくらい歳をとっちゃうと格好なんかつけてられないから、開き直って「頼むから抱かせてくれ」って言い寄るようになってたの。そしたらこれが、ビックリするほど上手くいくんだよ。パッとしないオバチャンほど、女としての自信を失ってるから、余計に落ちやすいんだろうね。自分が40才だからといってひるむな。勇気づけられます。

要するに変なプライドは捨てろってことだな。
40才のころは会社を経営してたからずいぶん羽振りがよくて、女にも結構モテたのよ。クラブなんか飲みにいくとオネーチャンが我先にと俺の隣に座りたがるくらいでさ。でも当たり前の話、その大半はカネが目当てなわけ。あれ買って、これ食べたいなんて平気で口にするし、それこそ露骨に愛人になりたいなんて言う女もいたよ。ハッキリ言って面白くないんだよね。おまえら頭の中はカネのことばかりで、俺自身のことは屁とも思ってねえんだろってなるのさ。だからそういうハイエナ連中はあえて突き放してたんだけど、今考えるとあの40代のころが女を食いまくるラストチャンスだったんだよな。
50、60になったら、いくら女が寄ってきても相手をする元気もなくなっちゃうんだもん。我ながらバカだよなあ。
40代がラストチャンスとか。のんびり考えてるとエライことになりそうだ。 
40代の頃は寝る間も惜しんで働いてました。女房子供を養わなきゃっていう責任感があったのはもちろんですけど、老後のためにある程度蓄えなきゃとも考えてたんですね。定年後にカミさんと2人で海外旅行するのが夢だったんで。おかげさまで定年を迎えたときにはカネもそこそこ貯まってました。でもね、そこでちょっと自分の気持ちの変化に愕然としちゃって。旅行に行くだとか、今まで夢見てきた老後のプランがひどく面倒なことに思えたんです。カネはあるのにそれを使ってどうこうする気力が湧いてこないっていうか、家でボーッとテレビを眺めてる方がはるかに気楽というか。
40って体力的にも気力的にも一番充実している時期じゃないですか。こうなることがわかってたら、仕事量を抑えて、大いに贅沢して遊んでおけばよかったと思いますよ。
なるほど、老後に年老いたカミさんと旅行なんて、とてもする気になれないものかもな。