出会い口説きALLOK

デキル男のためのライフスタイルマガジンです。裏モノJAPAN監修の出会いやナンパに特化したブログです。

出会いを求めて情熱の国メキシコへ

今回の訪問地は、メキシコ北部の街モンテレイだ。国内第3の都市だけあり街並みは近代的だが、ハッキリ言って治安は悪い。マフィアの麻薬戦争の舞台になったこともあるくらいで、今でも街中での発砲事件が珍しくないそうだ。キケンな事に巻き込まれなければいいのだけれど。

f:id:torivian:20180902011616p:plain

宿にチェックイン後、すぐに外出した。ホテルのスタッフが教えてくれた、旨いと評判のタコス屋で昼メシを食うためだ。えーと、場所はどこだ…。街中で、宿でもらった地図を眺めていると、見知らぬ男性がカタコトの英語で話しかけてきた。

アミーゴ(友よ)、どこに行くの? 俺が道を教えてあげる」
メキシコ人はとにかくフレンドリーでお節介焼きと聞いたことがあるが、なるほど本当だな。
「●●ってタコス屋に行きたいんだけど」
「ああ、OK。この道をまっすぐ行って3つめの角を…」
丁寧な説明に礼を言って歩き出したものの、行けども行けども一向に辿り着かない。ヘンだな。教わったとおりの道順なのに。ふたたび地図を取り出す。と、すぐに背後から男性の声が。
アミーゴ、道に迷ったのか?どこに行くんだ?」
声の主は優しげな顔の青年だ。
「●●ってタコス屋なんだけど」
「それなら逆方向だよ」
え、逆?
「そうだよ。その店に行くにはこの道を戻ってスーパーの角を右に折れて…」
青年の言われたとおり歩いてみると、30分後、ようやくタコス屋が。ただしお目当てとはまったく別の店だ。おいおい、どういうことだよ…。信じられないことに、その後、同様の出来事がたて続けに起きた。地図を開いた直後、必ず誰かが親切に道を教えてくれるのだが、絶対に目的地に到着しないのだ。こんなことってあり得るだろうか。みながみな寄ってたかってウソをつくなんて。途方に暮れていたところ、目の前を通りかかった1台の車が急停止した。運転席からマリオみたいなオッチャンが顔を覗かせる。
「道に迷ってるのか? 近くなら送ってあげるけど?」
また出やがったな。もうお前らなんか信じられるか!とはいえ、あまりにもデタラメに街を徘徊してしまったせいで、本当に迷子になっていたのも事実だ。ええい、もうクタクタだし、乗っちゃえ!オッサンにタコス屋の名を告げてわずか5分、車はあっさりと目的地に着いた。おお! やっとメシが食えるよ。ウソをつかないメキシコ人もいるんだな。オッサンに礼をしがてら、これまでの経緯を話すと、彼は大笑いして答えた。
「彼らは悪気があってウソをついたんじゃないんだよ。メキシコ人は親切だから困ってる人がいると放っておけないんだ」
マリオ髭をなでつけながらオッサンが続ける。
「ただ親切すぎるところが問題でね。君の行きたい店のことを知らなくても『知らない』と答えられないんだ。そういう対応はメキシコ人にとって不親切になるから。そんなわけでついテキトーなことを教えちゃうんだよ」
ふーむ、あれってみんな親切すぎるからついてしまったウソなんだ。なんか笑えるヤツらだ。数日後の朝。宿のロビーでパソコンをいじっていると、一度も話したことのない若い男性スタッフがにこやかに近寄ってきた。
「メキシコは楽しんでる?」
「え、まあ」
彼は満足そうに頷き、少し声のトーンを落として続けた。
「メキシコ女はもう味わった?」
「いや、まだ。ぜひ味わってみたいたいけど」
「それはもったいないな。メキシコ女は最高にホットだよ。絶対にやっとかなきゃ」
腰をカクカク前後に振るスタッフの姿に思わず失笑する。メキシコ人って、ホントにスケベばっかだなぁ。実はメキシコに来てからというもの、知り合った男たちから例外なくこの手の話を聞かされてきたのだ。下ネタだけじゃない。彼らはちょっとでもイイ女が目の前を通ると、まるでそれが義務であるかのように、果敢
にナンパをしかける。オッサンだろうが若者だろうが。今まで色んな国に出かけたが、ここまで女に対して積極的な国民は初めてだ。その日の午後、ふらりと立ち寄ったカフェでもやたらナンパ自慢をしてくる青年と知り合った。会計士の仕事をしているとかで、達者な英語でいかに女との出会いが重要かを力説してくるのだ。
「美人を見たら声をかけない方が失礼だよ。相手も俺と知り合ってハッピーだろ?」
「なるほど」
「女との出会いは人生そのものだよ。だから新しい出会いは常に探さなくちゃ」
こんな会話をしつつ、店の前を美人が通るたび、すかさず声をかけに行く会計士くん。何度フラれようが決して折れないその鉄の心は見習いたいくらいだ。そうこうするうち、会計士くんがまた席を立ち上がった。
「ちょっとゴメン。また美人が歩いていったよ」
店の中から様子を見てみると、彼はスレンダーなメキシカンギャルに声をかけている。しかも何だか反応も良さげだぞ。釣れるか?が、その矢先、事態は急変する。どこからともなく女のボーイフレンドらしき男とその仲間たちが現れ、会計士くんを何やら罵倒したかと思うと、いきなり地面に組み伏せたのだ。げ、ヤバ!幸い、それ以上の暴力を振るわれることはなく、彼はよたよたと店に戻ってきた。
「大丈夫?」
「平気平気。ちょっと口の中切ったみたいだけど」
ニッと笑った白い歯がうっすらと血の色で汚れている。
「ナンパしてたらこんなトラブルはよくあるよ。ただ相手がギャングでなくて良かった。運が悪いと殺されちゃうからね」
何から何までアツイお国柄ですなぁ。いやほんとアッツイわ。後日、アメリカとの国境の街ヌエボ・ラレドに移動した。川を挟んだ向こう側がテキサス州ということもあり、通りを歩くとあちこちから英語が耳に入ってくる。観光客も多く、なかなか活気のある街だ。午後3時。宿の近くで見つけたバーに入った。まだ日の高いうちから飲むテキーラソーダはことのほか旨く、アルコールがじんわりと回りだす。最高の気分だ。
しばらくして、カウンターの少し離れた席に若い女が座った。しばし様子を伺ったところ、連れはいないらしく、ひとりで静かにビールを飲んでいる。けっこう貫禄のあるぽっちゃりさんだが、タンクトップの胸元からあふれ出しそうな巨乳はなかなかどうしてセクシーだよし、ちょいと声をかけてみよう。
「こんにちは。ひとりなの?」
ニコリと愛想のいい笑顔が返ってくる。
「ええそうよ、ひとりでお祝いしてるの」
「お祝い?」
「新しい仕事先が見つかったの」
会社の面接で採用が決まり、嬉しくってそのままここに立ち寄ったんだそうな。「そうだったんだ、おめでとう。俺、日本から来たムシゾー。よろしく」
「私はイザベラよ。メキシコはどう? 楽しんでる?」
「うん、楽しんでるよ。タコスも食べたし、テキーラも飲んでるし、こうしてメキシコ美人とお話もしてるしね」
「あはは、ありがとう。ところでルチャ・リブレはもう観た?」
ルチャ・リブレは日本で言うプロレスのことで、メキシコでは国民的な人気を博している。
「いや、まだ観てないんだよね」
「もったいないわね。メキシコに来てルチャを観ないなんて、日本に行ったメキシコ人がスモウを観ないのと同じよ。いい?そもそもルチャってのはアステカ文明の影響を受けていて…」
イザベラがウンチクを語り出した。どうやら相当なマニアらしい。ん? てことは…。
「今日はルチャやってる?」
「ええ。会場、教えようか?」
「うん、ぜひ。もしよかったらイザベラも一緒に行かない?」
間髪入れず彼女は言った。
「そうね、私も行こうかな。選手の解説してあげる!」
やった、デート成立!メキシカンプロレスは期待した以上に楽しかった。ド派手な空中戦、場外乱闘。そして観客席には独特の熱気が漂い、選手が活躍するたびにヤジや声援が怒号のように飛び交う。とにかく盛り上がり方がハンパないのだ。試合後、興奮さめやらぬ様子で5、6杯目のビールを飲み干したイザベラが俺の耳に口を近づけた。
「ねえ、この後予定ある?」「いや、別にないけど」
「じゃ今からディスコに行かない?私、すごく踊りたい気分なんだけど」
願ってもない展開に股間がムズムズしてきた。女からディスコに誘ってくるなんて。これってセックスを山に例えると、8合目まで登った段階じゃね? 頂上まであとわずかじゃね?
「行くよ、行く行く」
「OK! 踊りまくりましょ!」
向かったディスコは小さなライブハウスのような作りで、狭いフロアにはすでに大勢の若者がひしめき合っていた。イザベラが俺の手を取り、フロアの中央に進む。そうして音楽に合わせて体をくねらせ始めたのだが、もうこれがエロいの何の。乳、ブルンブルンしてるし!でかいケツ、クネクネしてるし!周囲の景色も興奮に拍車をかける。そこかしこでペッティングもどきの行為をやらかしているカップルたち。さすがは性に大らかすぎる国よ。俺も便乗せんと!
「イザベラって踊るとさらにセクシーだね」
そう言って腰に手を回すと、彼女がうっとりした顔で首に抱きついてきた。押しつけられた巨乳の感触がタマらない。お返しにギンギンになった股間をこすりつけてやれ。
「わお、何か当たってるよ」
もはやこの状況で空振りするなんてことは万に一つもない。いざトドメを差すべし。「これから君の家に行こうよ」
「家はお父さんがいるからダメ。でも弟の使ってる離れなら大丈夫よ。彼、いま旅行中なの」
よっしゃ参りましょ!部屋に入るやいなや、下着姿になったイザベラがしなだれかかってきた。
「ずっとセックスしたかったんでしょ?私もそうなの」
なんてストレートな!思わず彼女をベッドに組み敷き、体中に接吻をお見舞いしてやった。唇からGカップ大のたわわな乳房へ、それからアソコへ。やや強めのチーズ臭に一瞬たじろぐが、体を震わせて喜ぶ彼女の好反応を見れば、さほど気にならない。
「う〜〜〜う〜〜〜、吸って!もっと吸って〜、う〜〜っ」
一通りイザベラの体を堪能したところで攻守交代。飢えた獣のように荒く息を吐きながら、彼女がチンコにむしゃぶりついた。サオ部分をすっぽりと口にくわえ込み、自ら亀頭をノドの奥に打ちつける。うお、ディープスロートじゃないっすか! すげー。しかも気持ちいい!圧巻は騎乗位で挿入してからの腰フリだ。四つんばいになっての激しい上下運動。腰を前後左右に回すグラインドの速さ。もう何もかもがエロすぎる。やがて彼女の喘ぎ声がひときわ大きくなった。
「おう! おう! おう!」
体がガクガクと痙攣し、騎乗位でつながったまま彼女はあお向けに倒れた。イッたらしい。チンコを抜くと溜まりに溜まった潮がビュッとアソコから噴き出し、俺のアゴを直撃する。うひゃ!しばらくして、体を起こした彼女が絶妙な動きでふたたび腰を振りはじめる。
「ムシゾー、もっとイカせて〜」
今になってようやくメキシコ野郎がなぜスケベ揃いなのか理解できた。こんなにも激しい女たちがその辺にウヨウヨいるならそりゃセックスのことしか考えられなくなるわ。