出会い口説きALLOK

デキル男のためのライフスタイルマガジンです。裏モノJAPAN監修の出会いやナンパに特化したブログです。

出会い系の生中OKオンナに注意

「出会い系の生中OKオンナに挿入せよ」と言う記事を興味深く読んだ。感想は「や
っぱ生中オンナって痛いのが多いんだな」に尽きる。
いったいどういうことか。警鐘の意味も込め、つい先日俺の身に起こった出来事について報告したい。その日、俺は出会い系でエ
ンコー女を物色していた。ずらりと並ぶメッセージ群をひとつひとつ入念にチェックし
ていたところ、一件、よさげな書き込みが目についた。
『生中で楽しくエッチ♪』書き込み主は自称27才の派遣社員。すぐさまメールで条件を尋ねると、提示してきた料金はホ別2万と良心的。送られてきた写メも悪くはない掘り出しもんだ。
︿その条件でOKですよ﹀
︿待ち合わせ場所についたら電話してください。080‐××××…﹀
普通、エンコー女ってのは自分のケータイ番号を教えたがらないものだ。だから今にして思えば妙な話なのだが、そのときはあまり深く考えず、女のケータイに電話した。
「待ち合わせ場所着いたよ」電話を切ってしばし、目の前に現われた女を見て、俺は内心小躍りした。出会い系において、写メより実物の方がキレイだなんて奇跡だ。しかし、喜びが持続したのは、ホテルに入って女のパンツを脱がすまでだった。臭いのである。アソコから獰猛な異臭が漂ってくるのである。うげ、性病持ちじゃん!
金はすでに支払い済み。このまま何もせず帰るわけにもいかず、俺は無言でゴムを装
着し、どうにか射精だけは済ませて帰途についた。見知らぬ番号から電話がかかってきたのは、それから10日ほど後のことだ。
「前に出会い系で会ったんだけど、生中で。覚えてる?」
当然だ。あんな残念体験、忘れられるはずがない。
「実はさ、妊娠したんだよね。中絶費用を払ってよ」
ウソに決まってる。俺、ゴム付けてたんだし。
「あり得ないよ。だって…」
「絶対そうだって。アンタ以外に思い当たる人いないもん。お金払わないならケータイの番号から住所調べるよ」
俺がゴムを着用していたことを忘れている点。アポの際、わざわざケータイに連絡させ
ている点。以上のことから、この女は常習的に客を脅迫し、金を巻き上げていることが判明したわけだ。と言うわけで皆さん、事前にこちらのケータイ番号を知ろうとする生中オンナにはくれぐれもご用心を。
え、結局、この女とはどう決着をつけたかって? 決まってるじゃないですか。
「ゴムつけてたのになんで妊娠するんだよ。てかお前の番号、警察に通知するぞ!」
慌てて電話を切りやがりましたとさ。