出会い口説きALLOK

デキル男のためのライフスタイルマガジンです。裏モノJAPAN監修の出会いやナンパに特化したブログです。

下ネタが嫌いなスポーツジムのお姉さんひょっとして処女?

女性店員さんがターゲットなのだが、なにも手紙作戦は店員にしか使えないわけじゃない。何度か見かける機会があり、ラブレターをしたためてきてもおかしくない間柄…。
スポーツジムの客はどうだろう。ムチムチのジャージ姿で汗を流す彼女ら、とても魅力的に見えるものだ。男性読者の中にも虎視眈々と狙ってる方がいるのでは?
というわけで、今回は大手スポーツジムの短期会員になり、汗かき美人さんに手紙を配
りまくった。待ち合わせ場所にうつむき加減で現れた彼女は、ジムで会ったときよりも数段暗い雰囲気だった。
「あ、すみません、緊張してます…っていうか、ちょっと風邪ひいちゃって変な声なんですけど…すみません」
少し熱もあるらしい。そんな身体なのにわざわざ来てくれたなんて。
「じゃ、なんか暖かいものでも食べに行こうか。お酒はやめた方がいいかな」
「いえ、お酒はいけます」
「え?酒好きなの?」
「はい。けっこう好きですね」
ジム通いしてるような子は飲酒を控えるようなイメージがあったが、彼女は「日本酒でもワインでもイケます」と強気な発言だ。ならばワインダイニングバーで酔わせちゃえ。「乾杯〜」ぎくしゃくしながらも、互いの自己紹介のような形で会話はスタートし、そしてゆるやかにツッコミを入れられた。
「私、先月ほとんどジムに行ってなかったんだけど、いつ私のこと見たんですか?」
「んー、そこまでは覚えてないけど、1カ月ぐらい手紙持ったまま探してたんですよ」
「あ、そうなんだ…なんかすみません。実は、最初、なんか騙されてるんじゃないかと思ってて」
「ん、どういうこと?」「なんか売りつけようとしてるんじゃないかって思ってたんで
すよね。何かの会員になってくれ、とかあるじゃないですか。手紙なんてもらったの初めてだったし」
「そっか、そんな風に見えてたんだね。タイプだなーって思って声掛けただけだから、そんなんじゃないよ」
「そうですか、すみません」
せっかく男女が集まる場所なのに、ジムで手紙って珍しいんだな。後々、通いにくくなるからか?誤解が解けたところで、色恋の話にシフトだ。
「彼氏ですかー、ずっといないんですよね」
「ホントに?理想が高いとか?」
「いえいえ」詳細は濁したが、数年前に彼氏にフラれて以来、ずっといないそうな。
「俺も1年前にフラれたんだよね。好きな相手ができたって言われて」
「じゃ私たち、フラれ組ですね。ハハハ」
なかなかイイ雰囲気になってきた。でもこの日は、あまり酒を飲ませることもなくお開きとなってしまった。風邪がぶりかえしたようなのだ。「ごめんなさい、ちょっと身体
の調子が…」
無茶はよそう。この感じならすぐに再会できるだろうし。夜、メールが来た。
事前のメールで魚料理が食べたいとリクエストを受けたので、駅近くの和風居酒屋で2度目の会合を開いた。
「すみません、わざわざ来ていただいて」
「いやいや、こちらこそ付き合ってくれてありがとう」
まだ多少ギクシャクした感じだが、前回よりはマシだ。たっぷり飲ませるぞ。つまらぬ自己紹介はもういらない。恋愛話ももう済んだ。ならば今日は下ネタだ!
しかし、ソッチ方面の話題への食いつきは悪かった。相当にお堅いらしく、高校生のときに始めて付き合った彼とは、結局3年間エッチさせなかったそうな。
「なんか、そういうこと考えられなかったっていうか、オエッて感じで」
オエッ?セックスが気持ち悪いのか?
「わたし、あんまりそこにこだわらないっていうか…」
「重要じゃないと」
「重要だけどさ…別になくてもいいかもしれない」え〜!なくていいわけないでしょうに。それってジムで手紙渡してきた男と2回目でセックスなんてありえないって遠回しに言ってます?なんだか雰囲気がおかしいので初体験の話をきいてみると、「最近…かな?」と歯切れの悪い返事が返ってきた。かな? 
ひょっとすると、この子、処女?
「会社の人と飲んでると下ネタになるんですよね。それがなんか気持ち悪くて。ちょっと潔癖って言われるんだけど…」
攻めにくいなあ。でも一発目のメールで番号教えてくれた子なんだから、隙はあるはずなんだけど。
「じゃそろそろお店出ようか」
一か八か、ダメ元で彼女の部屋で飲み直そうと提案してみた。
「いやいや、私の部屋はダメですよ。すっごい狭いし汚いし、友達も入れたことないもん」だよな〜。かといってこの空気で、電車に乗ってラブホにも向かえないし。