出会い口説きALLOK

デキル男のためのライフスタイルマガジンです。裏モノJAPAN監修の出会いやナンパに特化したブログです。

風俗本サロ街はNK流⇒越谷流⇒熊谷流らしい

オレは風俗が好きだ。中でも本サロには目がない。それもすべて、あのNK流と呼ばれた西川口のおかげだ。1万そこらで若い女と本番ができる素晴らしいシステムだった。
NK摘発後は越谷の本サロにも足繁く通った。しかしそれもほぼ壊滅状態だ。そんななか、悪友から誘いがあった。なんでも埼玉県熊谷市にも本サロ街があり「熊谷流」なんて呼ばれていて非常に盛りあがってるそうだ。埼玉の二大流派を通ってきたオレが、この誘いを無視できるわけがない。
熊谷駅北口の商店街を進むと、昼間にもかかわらずゲスい看板が立ち並んでいた。こ
こが熊谷風俗の中心地らしい。あらかじめ目星をつけていた本サロ「A」に到着。柄の悪い店員が無言で写真を数枚さしだしてくる。このレベルならフリーでも充分満足でき
そうだ。30分8千円を払い、個室に通される。すぐに女の子がやってきた。深田恭子をひとまわり細くした感じか?よっしゃ、タイプだ。
「はじめまして、よろしくお願いします」
彼女はしっかりした挨拶をし、頭を深々と下げる。めずらしい。本サロ嬢の挨拶なんてたいてい「どうもー」とか「よろしく〜」なんて適当なもんなのに。シャワーに入り体を洗ってもらう。突然、味わったことのないような痛みが下腹部に走った。
「ギャー!」
「すいません、すいません!」
つけ爪が亀頭をえぐったみたいだ。ったく、しっかりしてくれよ。泡を流して、あれ?
そのまま出ちゃっていいの?
「うがいとかしなくていいのかな?」
「あ、そうだ。すいません、お願いします」
だいたいわかった。このぎこちなさ、キョドリ具合からいって、新人だな?プレイではそんなぎこちなさが顕著にあらわれた。フェラチオは抑揚のない上下運動のみ。コンドームをつけようとするのはいいけど、3回も裏返してるし。いよいよ熊谷流のクライマ
ックス。正常位でガンガン突けば、頬はほんのりピンク色に染まり、「んっ、んっ」と小さな声をだす。風俗嬢っぽくない反応に興奮し、すぐに果ててしまった。
「きみ、新人さんでしょ?」
ズボンを履きながら声をかける。
「まだ1週間です。出勤したのは3日目かな?すいません、至らない部分が多くて」
「ぜんぜん大丈夫だよ。でも前の店では色々習わなかったの?」
「ここが初めてなので…」
え?初風俗が本サロかよ。普通はピンサロとかおっパブを通ってくるもんじゃないの?
「新聞の折り込みチラシを見て応募したらこのお店だったんです」
ふーん、新聞チラシね。って、なんで折り込み広告に本サロの求人が出てるんだよ!!
「え? けっこうありません?」いわく、彼女の住む熊谷では、昔からキャバクラ、スナックなどにまぎれて風俗求人のチラシが新聞に挟まっているのだと。熊谷、ちょっとオカシクないか?それからというもの、オレはたびたび熊谷を訪れるようになった。恥ずかしながら、熊谷流にまんまとハマってしまったのだ。ここにはNK流、越谷流とはまた違った魅力がある。土地柄なのか「お仕事感」をあまり出してこない子が多い。言うまでもなくその筆頭が折込チラシ嬢だ。
キャバやスナックに応募したつもりが、なぜかそこは本サロで、でも流れにまかせてズルズル働くようになった、みたいな子がときどきいるのだ。そういう子は、やはりというか折込チラシがきっかけだったと言う。きっと普段のセックスと同じなのだろう、彼女らはあまり大きな声を出さない。一般的な風俗嬢なら大げさなアエギ声を出すのに。
学生ノリそのままで仕事をしてるような子もいる。一度相手してもらった子はフェラも早々に、大学のテストが難しかっただの、セクハラ教授がいるだのとグチばかりたれていた。衝撃的だったのはオレが初めてのお客さんとなった子だ。彼女は途中でグスングスンと泣きだしたのだ。涙をすすりながらフェラをされることなど、このさき二度とないだろう。熊谷流、すごく新鮮だ。