出会い口説きALLOK

デキル男のためのライフスタイルマガジンです。裏モノJAPAN監修の出会いやナンパに特化したブログです。

デリヘルでも風俗でも中国人富豪マネーが

東京の街は中国人だらけですが、それは私が在籍するデリヘルでも同じ。店のオーナーがチャイナマネーを取り込もうと、中国語版のHPを立ち上げた結果(電話対応は英語のみ)、1年半ほど前から中国人客が激増したんです。けど、女の子たちには不評です。日本人と比べてすごくマナーが悪いっていうのが理由なんです。ただ、私は超ウエルカムなんですよね。だってあの人たちのおかげでお金がガッポガッポ儲かるんだから。キッカケは今年の春です。その日、いつものようにホテルへ出向くと、40半ばくらいの大人しそうな中国人客が待っていました。
「ニーハオ。アイム・マキ。OK?」
「オーOK、OK」
中国人客とのやり取りはいつも英語です。といっても私には語学力がないので、簡単な英単語を並べるだけですが、それでも十分、仕事はこなせます。ひとまず2人でシャワーを浴び、ベッドへ。と、いきなり彼が部屋のテレビを指さし、大声を上げます。
「アイ・ライク・ディス!」
画面上では、おばさんAV女優が風呂場で放尿をしている真っ最中。ん、聖水プレイがしたいのかな。一応、有料オプションで出来ないことはないけど、どうやって伝えればいいのか。放尿シーンを指さしつつ、私は言いました。
「ディス・イズ・OK。バット、マネー。チップ・プリーズ」
たしか中国語のHPにも有料オプションの一覧が載ってるらしいので、ちゃんと彼がチェックしていれば、これで理解できるはずです。案の定、彼は笑顔でうなずき、財布を取り出しました。
「ディス・イズ・チップ。OK?」
彼が差し出したお金を見て、目が点に。福沢諭吉が1、2、3…5枚!?
ちょっとウソでしょ!本気みたいです。だって本来プラス2千円の聖水プレイに5万も払ってケロッとしてるし。いいの? ホントにもらっちゃうよ!家に帰ってから考えました。これまでオプションを希望してきた中国人客は、みんな予約の時点でその旨をスタッフに伝えています。でも、5万をくれたあの客は聖水プレイが大好きなのに、オプションを申し込んでいなかった。ということは、そもそもオプションの存在すら知らなかったのでは? 
もっと言えば、5万客のようにHPをロクにチェックしてない、つまり店のシステムを完全に把握していない客がもっと他にいても不思議はありません。だったら……うふ、うふふ。さっそく私は動きました。オプション予約のない客に、放尿やバイブ&電マプレイ、アナルファックなどのAV動画を見せそのうえで尋ねるのです。
「ユー・ライク・ディス?」
で、相手が首とチンコをクンクン振れば、
「チップ・プリーズ!」
 ただし、こちらから具体的な金額を要求することはあえてしませんでした。万が一、店側にバレた場合、有料オプションの代金を要求しただけと言い訳するつもりだったからです。まあ、それでも完全に言い逃れることはできないけど、いくらか悪質さは減らせるかな、と。にしても、中国人のリッチっぷりは予想を上回るものでした。電マプレイで2万、アナルファックで5万なんてのは本当にザラ。50代の自称アパレル系社長なんかはアナル舐め、オシッコぶっかけ、口へのツバ垂らしの3点セットで、なんと20万もはずんでくれたのですから。
 もちろん相当な金持ちだからこそこんなことが可能なんだろうけど、変態遊びのしづらい向こうのお国柄も大いに関係しているんだと思います。自分の国では絶対できないプレイだからここぞとばかりに大金を張りこむというか。その証拠に、本番プレイに対するチップ額は他と比べてウンと安いしね。とにかく中国人、マジで素敵すぎ!近ごろ、中国のバブル崩壊が間近なんてニュースをやたらと聞きますが、もしそうなったら私のバブルもはじけちゃうのかな?とりあえず、その日が来るまではウンと荒稼ぎしてやろうっと。