出会い口説きALLOK

デキル男のためのライフスタイルマガジンです。裏モノJAPAN監修の出会いやナンパに特化したブログです。

婚活パーティ惨敗で反省座談会

オグからの連絡はまったく途絶えてしまった。「改めてご連絡させて〜」と書いておきながら、ナシのつぶて。なんてヒドイ女なのだ。が、そんなもんは社交辞令であって、フラれたと思ってあきらめろとのことだ。さらにフラれた原因は、デートのときのオレの態度や発言に問題があったからに違いないと断定してきた。今後同じ失態を繰り返さないため、デートを振り返りながらの反省座談会となった。
○婚活パーティでカップルになったってことは、第一印象は問題なかったってことやん。
●そうなんですよ。
○ま、オグがマルチとかなら別やけど、そんな感じでもないし。
●いったい何だったんでしょうね。もうあんな女、クビですよ。
○アホか。お前がクビになったんやって。
●ま、そうですけど…。
○二回デートしてるわけやから、そのときの印象があかんかったんやろな。
●あかんかったら何時間も一緒にいないでしょ。
○んー、だから二回目のデートが怪しいねんな。きっとなんかやらかしたんやろ。
●別に普通でしたけどね。
○オグの表情が曇った瞬間とかなかったん?
●そんなのないですよ。
○あったやろ。なんか失礼なこととか言ってるはずや。
●いやー、ないでしょう。
○相手の出身地のことバカにしたりするやん。
●あー、しましたね。
○ほら!
●オグの出身が東北なんですけど、あんなとこ何もないやんとか言いました。向こうも笑ってましたよ。
○それや!どんな田舎だろうと、どんなに何もなかろうと、自分の故郷を小バカにされて気分がいいわけがないと氏は言う。
でも本人も「何もないところ」と言っていたのに、なぜそこに乗っかってはいけないんだ?
○あと、ももクロが好きとか言ってへん?
●え、言いましたけど。
○それも印象良くないやろー。
●でもオタクみたいな追っかけじゃないですよ。普通に音楽として好きなだけで。
○いや、あくまで印象の話よ。ああいう世界の男やと思われたら損やん。
●でも違いますからね。
○好きなタイプ聞かれた?
●ああ、芸能人で聞かれたんで、篠崎愛ゆうこりんが好きって言いましたね。それはいつも言ってます。
○はぁ…。どうもオレの好みは、女性にウケがよろしくないらしい。ロリコンを連想させるそうだ。
○態度でもいろいろやってるんじゃないかと思ってるんやけど。
●態度は普通ですよ。
○イライラしたりしてへん?
●するときもありますけど、オグのときは出してないはずですよ。
○どんなことでイライラすんの?
●あのー、エレベータのボタンあるじゃないですか。閉まるボタン。
○うん。
●あれ閉まるまで何回も連打しちゃうんですよ。カチャカチャカチャカチャって。
○なんで?
●早く閉まってほしいじゃないですか。
○ほっといたら閉まるやん。
●待つのがイヤなんですよ。そういうので、せっかちと思われてるかもしれませんね。
○そら、思うわ! オグの前ではそんなんしてへんよな。
●エレベータ乗りましたっけ? 乗ってたらやってるかもしれないですね。あ、オグのときあったかも。
○ほら、やっぱり。
●駅の改札でスイカ出すじゃないですか。
○自動改札ね。
●あれ出すタイミングが遅いヤツいらいらするんですよ。いったん立ち止まってカバンから出す人いるじゃないですか。
○歩きながら準備しとけと。
●そうですよ。オグは遅かったんでイライラしましたね。
○態度に出したん?
●言ってはいないけど、顔には出てたかもしれませんね。
○出会って間もない男が改札でイライラしてたらビビるやろな。
エレベータにしろスイカにしろ、すいすいスムーズに生活したいだけなのに、オレが悪いかのような言われ方をするのは心外だ。
●あと、ぼく潔癖なところあるんですよ。
○そうやっけ?
●つり革とか触れないですし。
○そうなん?
●絶対イヤですよ。合コンのとき、服に醤油が飛んだことあるんですけど、1時間ぐらいずっと拭いてたら「何してるんですか?」って指摘されたことありますね。
○1時間拭いてたん?
●シミになるのがイヤなんで。
○狂人やな。俺の前ではそんなんしーひんやん。
●佐藤さんみたいにだらしない人といるときは別にいいんですよ。
○は?
●相手がちゃんとしてるときは、こっちもちゃんとしたいじゃないですか。
○オグの前でも潔癖なとこ出したん?
●それはないと思いますけど、無意識でやってることはあるかもしれないですね。このあたり、無意識の領域なので、どうすることもできない。今さら潔癖を治すなんて無理だろうし。
●オグの友達がなんかの試験に受かった話になったんですよ。
○ほう。
●「そんなん、たいしたことないやん」って言いましたね。
○(爆笑)
●あれは気分害したかもしれませんね。
○当たり前やろ!
●でもほんとにたいしたことない試験なんですよ。合格率90%くらいって言ってましたし。
○いや、それはそうやとしてもやなー。
●友達を悪く言われるとやっぱりイヤなもんですかね。あれは反省してます。あと、オグってバナナマンが好きなんですよ。で、動画を見せてくれたんですけど。
スマホでね。
●でも、やたら長いんですよ。だから途中で返したんです。「長いわ」って。
○はー。
●これもマズかったかもしれませんね。
○長いし家で見るわって言えばええのに。
●でもバナナマン別に好きじゃないですし。
○そこは合わせてやれよ。
●いや、自分をごまかしたくないんですよ。ツマらないもんはツマらないって言いたいんですよ。
○オグにしてみたら、自分の好きなもん否定する男と付き合う意味ないと思わへん?
●いやー、だからあんな女、クビですよクビ。
こうして反省会は終了した。改善すべきところは改善するとしても、やっぱりオレはオレの素のままの考え方を受け入れてくれる女性と付き合いたいと思っている。間違っているだろうか?
反省会の数日後、以前にワインパーティで連絡先交換をした女性から「飲みに行きませんか?」とラインが来た。ゆいP似の女ではなく、別の会で大勢とライン交換したうちの1人だ。いったいどんな人だったろうと会いに行ってみたら、50代と思われるハイヒールリンゴのようなおばちゃんだった。確かにこんな人いたけど!
で、すぐ帰るのもアレなんでしばらく一緒に飲んだわけだが、皮肉にもその日以来、頼んでもいないのにリンゴから頻繁にラインが届くように。どうでもいいような日常報告だ。まったく連絡をよこさないオグ。しょうもない報告をしてくるリンゴ。比較するまでもなく、向こうから食いついてくるときってのはこういうもんなんだなと、あらためて教えられる形になった。