出会い口説きALLOK

デキル男のためのライフスタイルマガジンです。裏モノJAPAN監修の出会いやナンパに特化したブログです。

函館市セキセンちょんの間エリアでスナックのママと

函館市には「セキセン」と呼ばれる昔ながらのちょんの間エリアがある。JR函館駅から目と鼻の距離に、スナックの密集する一角があり、そのうちの14、15軒ほどが売春も行っている(どこも飲み代込みで30分・1万3500円)。いかにも怪しげな感じなのですぐにわかるだろう。 俺が初めて『S(ちょんの間の屋号の頭文字)』を訪れたのは、2年前のある蒸し暑い夏の晩だった。
「ちょっとお兄さん、ウチで遊んできなよ」 
店の中からママらしき女に声をかけられ、ついふらっと足を踏みいれてしまった。のちに彼女の歳は40過ぎと判明するが、そのときは30前半にしか見えなかった。ムッチリとした体つきや表情が女優のかたせ梨乃を彷彿とさせる、なかなかの上玉だ。色っぽい胸元に見とれてビールを飲むことしばし、ママがストレートに切り出した。
「うちの女のコはレベル高いよ。どんなのがタイプ?」
「俺はママがいいなぁ」
「アタシはウリしないの」
「じゃ、胸の大きいコで。太めはカンベンだよ」
「はいはい」 
いい加減な返事をしながら、ママがケータイで女を呼び出す。写真指名ができないシステムだけに不安はあったものの、5分後、店にやってきたギャルを見てホッとした。けっこうカワイイじゃん。 プレイ場所のモーテルへ向かおうと、ギャルに手を引かれカウンター席を立ったそのとき、入口から作業着姿のオッサンがふらりと入ってきた。なぜか手にタマゴを3コ握って。客のようだが…。30分後、すっきりしてギャルと店に戻った。ここらのちょんの間では、一戦終わった客は再び一杯やっていくのが慣例なのだ。しかし、店のドアには鍵がかかっている。
「もう、まただよ〜」
女が呆れたようにノックすると、「いま開けるね」とママの声が返ってきた。ガチャガチャとせわしなく鍵が開けられる。ドアの向こうから現われたのはさっきのオッサンだ。
「じゃママ、また来るわ」

「うん、お仕事頑張ってね」ギャルが待機場所へ帰り、店には俺とママだけが残った。
「もしかしてあのオジサンと一発やってた?」 
冗談めかしく聞くと、彼女がさらりと言う。
「うん、そうよ」
「ウリはしないんじゃなかったっけ?」
「お金は取ってないもん。タマゴをもらっただけよ」
「は?」混乱する俺の様子が面白いのか彼女が笑う。
「常連さんには時々ああやってヌいてあげてるの。サービスでね」
デリヘルなどの新興勢力が幅を利かせる昨今、普通のサービスだけでは、ちょんの間の経営など立ちゆかない。そこでなじみの客が離れないよう、ママ自ら無料でセックスの相手をしているという。ただ完全なタダではかえって客も気兼ねするので、食材をも
らってるんだそうな。当然の疑問が浮かんだ。
「でも、それじゃ売り上げにならないでしょ」
「そんなことないわ。お客さんだっていつも私が相手じゃつまんないでしょ。だからみんな普通に女のコも買っていくよ。大事なのは、このお店にお客さんをつなぎ止めておくことなの」 
なんじゃそりゃ。でも案外、ママの言うとおりなのかも。現に繁盛してるっぽいし。
「俺もママと遊びたいな。どうすればいいの?」
「特に決まりはないけど、そうねえ、最低でも3、4回はウチで遊んでもらわないと」 
…そんな低いハードルでいいのか。スタンプを20回押してもらってようやく1回プレイがタダになるデリヘルと比べれば破格の条件じゃん!それから数カ月後、俺は鼻息荒くSを訪問した。ここに来るのは今日で5度目。その間、俺は何度かうらやましい光景を目撃してきた。ケーキの箱詰めを持って、ママに言い寄る50過ぎのオヤジ。大きな豚バラ肉を抱えて、ママにズボンの上から股間をいじくられていた初老のハゲ。みなタダマン狙いの常連であるのは言うまでもない。しかしついに、俺も諸先輩方の仲間入りを果たすときがきたのだ。店のカウンターに大根、白菜、玉ねぎをズラリと並べる。どうだ、これで! ママがクスッと口に手を当てる。
「お鍋でも作る気?」
「やだなぁ。今日はもう5回目だよ。そろそろママに相手してもらおうと思って」
「はいはい、いいわよ〜」
そう言って入口に鍵をかけると、慣れた様子で俺の股間に顔を埋める彼女。現役のころは売れっ子だったというだけあり、フェラのテクがハンパない。くう、効く〜。
タマらずママのスカートをたくし上げ、後ろから挿入した。チンコをムニムニと圧迫
してくるあたり、相当な名器である。
「あ、もうイク」
「いいよ、中に出して」もう言うことありません。