出会い口説きALLOK

デキル男のためのライフスタイルマガジンです。裏モノJAPAN監修の出会いやナンパに特化したブログです。

英会話教室やエステ講座での出会いに期待する

英語講座で見つけた枡田さんと、どんな手を使ってでも付き合いたいと考えたオレは、ある行動をとることにした。、なんとかお近づきになろうじゃないかというわけだ。声かけを無視されるなら、残るは手紙しかない。問題は文面だ。さて、どういう内容がいいのだろう。同じ授業を受けている同士、共通の話題に触れておくのが正解かと思うのだが。

翌土曜の授業中、枡田さんの後頭部を眺めながら案じていたところ、あるラッキーな出来事が起きた。講師が、偶然にも枡田さんを指名し、出身地はどこかと質問したのだ。
彼女が発した答えは、広島県だった。 広島県。さすがカープ堂林の嫁にそっくりなだけはある。とにかくこの情報は手紙に盛り込んだほうがいいぞ。授業は残すところ今日を入れて3回のみ。ゆっくり文面を練りに練って、来週の授業後にでも手渡すとしよう。うまくいけば最後の講義は隣に並んで聴くことになるかもしれない。その夜から、手紙の文面作りが始まった。共通の話題である『英語』と、彼女の出身『広島』に触れ、しかもさわやかな印象を与える内容は…。翌日も、その翌日も、書いては破り捨てを繰り返し、推敲に推敲を重ねて、ついに中身が完成した。結局、広島に関してはお好み焼きというキーワード一点で攻めることにした。あまり広島広島と連呼するよりも、このさりげない感じのほうが効果的だろうとの計算だ。さあ、来週の授業のあとで渡すぞ。土曜日、授業が終わるやドアの外で待機し、枡田さんが通るのを待った。来た。来たぞ。よし、今だ。「あの、これ」と手紙を差し出す。「はい?」
「ちょっと読んでほしいなと思って」「はぁ」 素っ頓狂な声を出した枡田さんは礼も言わずに、小走りで屋外へ出て行った。オレはオレで、顔面が紅潮しているのが自分でもわかるほど全身カッカと燃えている。とにかく賽は投げられた。あとは連絡を待つのみだ。
その日、返事は来なかった。想定内だ。あの子は、手紙をもらっていきなり飛びつくような軽々しい女じゃない。しばらく寝かせるつもりなんだろう。翌日(日曜)もなかった。その翌日(月曜)も。さらに翌日(火曜)も。水も木も金も、まったく音沙汰はなかった。無為に一週間が終わった。もう土曜である。よもや彼女、手紙の返事は手紙で、という古風な考えの持ち主だったりするのか。そんな小さな可能性にかけて、授業へ向かった。教室前の歓談スペースに、枡田さんの姿があった。 そしてその横に、ロバのような顔をした男がぴったりくっついて座っている。誰だ、あのロバ?
やや離れたところで様子をうかがう。2人は顔を寄せ合うようにしながら談笑し、いまにもキスしそうな勢いだ。ずっと指をからめてるし。え?彼氏かよ!なんで彼氏がここに!今まで一度も来たことなかったくせに!お前、この講座受けてないだろうよ!
2人はときおりオレのほうを見ながら、ヒソヒソ声で何かしゃべっている。
(ほら、あいつだよ。手紙渡してきた男。キモくない?)
(あのおっさんか。なんだよ、あの勘違いオヤジ)
読唇術を使えないオレにも、ヤツらの会話内容は手に取るようにわかった。この状況、要するに手紙をもらって恐怖感を抱いた彼女が、ボディガードとして恋人を連れてきたってことだ。なんなんだ、このオチは。あれだけ悩んで書いたのに、この仕打ちはないだろ!なんであんな可愛い子がロバみたいな男とくっつくんだ。セックスもしてやがんのかよ。くそっ、くそっどれほど呪詛のことばを吐こうと、日本は死んでくれない。ならばオレが死ねばいいのか。いや、もはや我が身は生物学的にこそ生きているが、オスとしては死んだも同然だ。返事すらもらえず、ロバ男にバカにされるなんて…。 
ロバショックから立ち直るのに1週間の時間がかかった。しょせん女なんてものは、卵子が一匹の精子しか受け入れないように、先に関係してしまった男を優先してしまうのだろう。だからロバよりいい男が現れても見向きもしないのだ。いわば、オレがロバに負けたんじゃなく、枡田さんに柔軟性がないだけのことだ。という論理によって、ようやく立ち直ったのである。気持ちをリセットし、今度はケイコとマナブによく載っている、習い事の1日体験講座に申し込み、そこでの出会いに期待することにした。まったく毎度毎度、同じようなことばかりしているが、こうでもしなけりゃ出会いのきっかけがないのだからしょうがない。あれこれジャンルを見回った結果、マッサージのエステティシャン講座に目が止まった。1時間のみの無料コースだ。オレは暇さえできればオイルマッサージに通うほどのマッサージ狂で、特に抜きナシの店で登場するエステティシャンには、過去何度か一目惚れしたことがある。あの清潔感が好きなのだ。そんな職を志望する女たちも、これまたオレのタイプの子が多いに違いない。いわば青田買いのような形で、他の男よりも一足先にツバをつけ、卵子精子をたどりつかせる作戦だ。週末の昼、現場の学校に一歩足を踏み入れるやアロマの香りが鼻をつき、遠くの部屋からは女性たちの談笑が聞こえてきた。まるで女の園にやってきたようだ。男が講習に来たことを不審がる様子もなく、受付の男性が中へ案内してくれた。昨今は男性エステティシャンも増えているので、不審ではないのだろう。談笑エリアにやってきた。うら若き乙女たちがお弁当を食べている。一緒に講習を受ける生徒たちか。いまパッと見ただけでも好みの子が2人はいたぞ。やはりこの業界、レベルが高い。
「ではこちらでお待ちください」
案内された部屋には、おかしなことに座席がひとつしかなかった。プロジェクターの前にポツンと一席のみ。どういうことだ?
「座ってお待ちください。まもなく始めますので」
え、オレだけなの?あっちで談笑してた子たちは来ないの? 尋ねるわけにもいかず、黙って席に着いた。なんだこれ。出会いなんかどこにもないじゃないか。プロジェクターを使ってマンツーマンで始まったのはエステ講座ではなく、エステ学校に入ればどういう進路があるか、授業料は幾らか、といった説明だった。いったいオレは何をしに来たんだ?