出会い口説きALLOK

デキル男のためのライフスタイルマガジンです。裏モノJAPAN監修の出会いやナンパに特化したブログです。

個人撮影のときはエロ系も撮るコスプレイヤー

アニメはまあまあ好きだけど、特別オタクというわけではないオレ。年二回のコミックマーケット(通称コミケ)に毎回足を運んでいるのは、会場中で「撮影されよう」と溢れかえってるコスプレイヤー女性たちと交流するのが目的だ。特にここ数年は、彼女らのパンティを主な狙いとして開催を今か今かと待ちわびる日々だ。パンティ目的と言ってもパンチラ撮影なんかでは満足できない。オレの場合はリアルパンティ狙いだ。会場内はそこら中に、アニメキャラやなんやの格好をした女が立っており、人気のある可愛
い子ちゃんの周りにはアホみたいにカメコ(写真撮影する男)がたかっている。テレビなんかでもよく報道される光景だろう。だが人気者がいる反面で不人気コス嬢もけっこう存在している。顔が残念だったり、スタイルが悪かったりするのが原因なのだが、所在なさげにフラフラしてるのだ。オレはそんな彼女たちに声をかける。
「あの、良かったら写真撮らせてもらっていいですか?」
ほとんどの子がニッコリ笑って撮らせてくれる。ちなみにオレは一眼レフを持参してるが、チンケなデジカメなんかでも全然オッケーだ。適当にパシャパシャ撮り終えたところで会話に入る。
「すごい似合っててステキですね。カワイイなぁ」「そんなことないですよ。ありがとうございます」
「そうだ、良かったら今度、個人撮影させてもらえません?もちろん謝礼も払いますし」
 個人撮影とは主に1対1でレイヤーを撮影する場のことだ。シティホテルとか、野外とか、様々な場所で。
「ありがとうございます。でも最初から1対1だとちょっと怖いので…」
「あ、そうですよね。いちおう僕サイトもやってるんで、良かったらそれ見てもらって考えてくれればいいですよ」 
このような流れになることが多いだろうか。そしてココからがオレのコミケ遊びの本題だ。
「オレそこでね、けっこうアダルト系のも撮ってたりするんですよ」
「ああ、そうなんですか」
「うん。あ、そうだ、もし良かったらなんだけど、パンツ買わせてもらうことできます?500円とかで」「…パンツですか?」恥ずかしがらずにさらっと伝えるのがポイントだ。この流れでパンツを買わせてくれだなんて、了承されがたいと思うことだろう。だけどさらにプッシュしていく。
「個人撮影のときはね、もちろんレイヤーさんの意思を尊重しますけど、3万円ぐらいはお支払いして、ちょっとエッチな写真とかも撮らせてもらってるんですよ」
「へえ」
「でも今日はコミケでお金使いすぎちゃって。良かったらパンツだけでも買わせてもらえないかなって。次に会うときはちゃんと規定の分払いますから」
この一連の会話により、女はこう考えてくれる。
『個人撮影のときはエロ系も撮る人なんだな。次に会うときは3万もらえるんだ。じゃあパンツぐらいいいかな』
さらにこの交渉を後押しするのは、彼女らが替えのパンティを複数持参してきているという点だ。コスプレイヤーは衣装によって下着まで替える子が多く、そのために荷物の中に下着を何枚か持っていることが多いのだ。かくして500円を渡し、トイレで脱いでもらってブツをゲット。これを一日やりまくれば、およそ10枚程度は手に入る。直近のコミケでも3日で計30枚弱を買わせてもらった。『下着売り掲示板』とか出会い系などでは生脱ぎ5千円以上はかかるものなので、コストは10分の1だ。
おまけに女の子の写真も撮ってるので、オナニーのはかどること。もちろん断られることも多い。そもそもエロ系個人撮影に興味がない女の子も多いからだ。だけどなにしろターゲットは多いので、ひたすら声かけをしていけばいい。中には未成年も多数まぎれているので、年齢確認は必須だ。