出会い口説きALLOK

デキル男のためのライフスタイルマガジンです。裏モノJAPAN監修の出会いやナンパに特化したブログです。

美女ナンパ体当たり実録

f:id:torivian:20180130201407p:plain

●「あの、ちょっとお話させてもらってもいいですか?」
○「え?」
●「あまりにお綺麗だったので声をかけずにはいられなくて」
○「えーいやいや。フフフ」
●「少しお話させていただけませんか?」
○「あー、どんなお話ですか?」
●「あの、ご結婚とかされてます?」
○「はい、してます」
●「そうかー。連絡先とか教えてもらえないですかね?」
○「それはちょっと、すみません。フフフ」
●「ちょっとストップ! あの…」
○ 一瞥もせず完全無視
(電話が終わるのを待ってから)
●「こんにちは、さっきあちらで見かけて…」
○(完全に無視して、再びスマホで次の電話を掛ける)
 成功率がまったく上がらない。声掛けの方法が悪いのかもしれない。ここからは、一度ターゲットに道を尋ね、いったん離れてから舞い戻り「あまりに素敵だったので」と再び声を掛ける方法を続けてみよう。
(最初に道を聞き、礼を言って離れてから、息を切らして戻る)

●「すみません(ハァハァ)」
○「はい?」
●「あの、あまりに素敵だったので戻ってきちゃいました。よかったらお友達になってもらえないかなと思いまして」
○「ああ、すみませんけど」(前を向いて歩きはじめる)
●「あの、よかったら少しお話させてもらえませんか?」
○「すみません」(頭を下げて、スタスタ歩みを早める)
●「すみません。このままだと後悔すると思って戻ってきたんですけど(ハァハァ)、よかったら少しお話させてもらえませんか?」
○「ああ、大丈夫です」
(そのまま歩き去る)
●「あの、よかったら少しお話させてもらえませんか?(ハアハア)」
○「え?」
●「少しでいいので」
○「いやー、どんなお話ですか?」
●「例えば…、いま彼氏さんとかいるんですか?」
○「彼氏はー、まあいないですけど」
●「じゃ、お友達、というか知り合い、ぐらいでいいので、なってもらえませんか?」
○「あー…ははは」(乾いた笑い)
●「怪しい男じゃないし、普通のサラリーマンですし」
○「あー、せっかくですけど」
●「ダメですか」
○「すみません」(ペコリと頭を下げる) 
●「ちょっと待って!(ハアハア)あの、あまりに素敵だったので、よかったらお友達
になってもらえないかなと思いまして」
○「ハハ…、結構ですー」
●「また来ちゃいました。あまりに綺麗な方
なんで戻ってきたんですけど」

○「アハハ」
●「よかったら少しお話させてもらえませんか?」
○「あのー、わたし結婚してますので」(ニッコリ)
くじけそうになってきた。やっぱり美人はハードルが高いのか…。もうヤケクソで動き回るしかない。
●「すみません、ひょっとしてモデルさんですか?」
○「え、はい、そうです」(ニッコリ)
●「不躾なお願いなんですが、お友達になってもらえませんか?」
○「え〜ハハハ…」
●「あ、やっぱり彼氏さんいるんですか?」
○「はい、いるんですよー。すみません」(ニッコリ)
●「こんにちは、あのさっき見かけて…」
○(無視してスタスタ)
●「こんにちは!」
イヤホンのせいでコチラの声が聞こえないみたいだ。
●「久しぶり!」
○一瞥もせず完全無視


(横から近づいて)
●「あれ? クミちゃんじゃない?」
○「え? 違いますけど」
●「あ、ごめんなさい! あれ、でも本当に似てるな。美人さんですね」
○「あーいやいや」(笑顔で応じてくれるのでそのまま並んで歩く)
●「よかったら本当にお友達になってもらえませんか」
○「いやーははは」
●「あの、少しお話させてもらえませんか?」
○「あー…」
●「誰かと約束でもあるんですか?」
○「美容院の予約してるんですよ」

●「あーそうなんですね。じゃ、美容院が終わってからでも…」
○「友達と約束してるので。ハハハ」
●「じゃ、せめて連絡先、教えてもらえませんか? ラインとかでもいいので」
○「あーすみませんが。ハハ」
●「ラインならブロックもできるし」
○「ごめんなさーい」
ナンパ開始から4時間以上経過して成果ゼロ。だんだん死にたくなってきたので、勝負は翌日に持ち越しだ。
●「こんにちはー。あの、さっき駅の方で見かけて、すごいタイプと思って追いかけてきたんですけど」
○「あーハハ。えー? ハハ」
●「いや、よかったら少しお話させてもらえないかなーと思って」
○「ハハ。じゃゴチソウしてくれるなら。ハハハ」
●「もちろんですよ! 行きましょう行きましょう」
 なんと、いきなり成功だ。すぐ近くにあったアジア系のカフェに入り、コーヒーとジュースを頼む。彼女の名前はレイコさん。某メーカーで事務仕事をしてるごく普通のOLさんだが、ちょくちょく長期の休みを取って、インドやカンボジアなどアジア系の国に1人で旅行するのが趣味らしい。彼氏いない歴はすでに1年。こんな美人さんなのにもったいない。とりあえず1時間ほどお茶をし、ライン交換してお別れした。(IDは生きているが、相手の返事が遅く、現在もデートの約束には至らず)。

f:id:torivian:20180130201222p:plain
●「いきなりすみません」
○「はい?」
●「あまりに素敵な方だったので、いま話しかけないと一生後悔すると思って、追いかけて来たんですけど」
○「え?」(笑顔)
●「少しでいいんでお話させてもらえませんか?」
○「何のお話ですか?」
●「えーと、お茶でもできないかなとか思ってですね…」
○「あ、結構です〜」(手で制し笑顔で歩き去る)