出会い口説きALLOK

デキル男のためのライフスタイルマガジンです。裏モノJAPAN監修の出会いやナンパに特化したブログです。

ブラジリアンワックスナンパ大成功

出会い系サイトで『ブラジリアンワックスをやってあげます』と募集をかけるのはどうか?ブラジリアンワックスとは要するに陰毛の脱毛なのだが、昨今、テレビや雑誌などでしょっちゅう取りあげられていて、パイパンにしたい女性がめちゃめちゃ食いついているのだ。まさに大流行と言っていい。
しかしこれ、専門のサロンなんかでやってもらうには1万円弱かかる。そこでオレが募集するのだ。タダでやってあげますよ、と。これなら女がほいほいやってくるだろう。しかも、脱毛なんだからマンコにタッチするのもなんら問題はない。もうおわかりだろう。ブラジリアンワックスを施しながらさりげなく感じさせ、タダマンに持ち込む算段だ。まずはやり方を調べてみた。
どうやら専用のワックスを股間に塗り、そこに紙のシートを被せてしばらく置いた後にはがすだけのようだ。痛くないのかね。脱毛キットはすべてネットで購入できた(4千円弱)。ためしに自分の太ももに少し塗り、時間を置いてはがしてみる。おっ、抜けた! こんなんで脱毛できちゃうんだ。さっそく募集をかけよう。
︿ブラジリアンワックスをしてさしあげています。もちろん無料で、場所代もこちらが出しますよ♪﹀
ぽつぽつメールが届きはじめた。が、趣味でやってると言ったらそこでやり取りが終
わってしまう子がほとんどだ。まあ、たしかに怪しいっちゃ怪しいもんな。
 そんな中でも1人、30代前半の女とはメールが続いた。
︿マジでタダなんですか!?﹀
︿ホントですよ。趣味でやってるんでお金なんか取れないですもん﹀
︿オモシロイ人ですね。できればお願いしたいかも…﹀
 こんな調子で週末にアポることに。「脱毛後はシャワーを浴びなきゃいけないので場所はラブホになります」と伝えても引かれることはなかった。これはいいぞ!
 待ち合わせにやってきたのはお世辞にも美人とは言えない、椿鬼奴似の女性だった。
「今日はお願いします! すごい楽しみにしてました!」
 テンション高めの鬼奴を連れてラブホへ。ワリキリならここで「先にお金ちょうだい」などと生意気なコトを言われるものだが、鬼奴は当然そんなことも言わず、そそくさとシャワーを浴びる。出てきたところで言葉をかける。
「じゃあ上は着たままでいいので、下はハダカになって仰向けに寝転がってください」
 なんの躊躇もなく、下半身丸出しでベッドに倒れる鬼奴。股間の毛は非常に濃く、雑草がこんもりと盛り上がってるみたいだ。脱毛したいってのもうなずける。
 いよいよワックスを塗る。塗りながらいかに敏感な場所をタッチしていくかがポイントだ。ここでの「愛撫」によってエロい気分になってもらわなきゃ。カバンからワックスを入れた小瓶を取り出し、指につけて股間に手を伸ばす。スリスリワサワサ。陰毛に万遍なく塗り、ときおり股の奥に指を伸ばす。クリトリス付近を責める作戦だ。鬼奴は意に介してない様子だ。もっと激しく擦ってやるか。スリスリヌリヌリ。
「アハハ、なんかヘンなところ触ってますって!」
 やば、バレた? でも怒ってる様子はない。
「いちおう毛が生えてるところはすべて塗らないとムラになっちゃうんで」
 そう言って再びクリトリスを触る。さらに大陰唇に沿うように指をねっとり動かしまくる。しばらく繰り返してみたが、鬼奴の表情に変化はなかった。やっぱりムリか。AVみたいに上手くはいかないよな。これ以上塗りまくるのはさすがに不自然だ。しかたなくシートを被せる。
「あとは5分くらい待って、剥がしていきますね」
「はーい。なんかドキドキしますね。アハハ」
彼女は楽しそうだが、こっちはタダマンできそうにないのでテンションが下がりまくってる。早く時間過ぎろ〜。5分後。シートをビリっとはがした。あれ、完全に脱毛できてないのか、毛がチロチロ残ってる。
「あ、もう1回やったほうがいいですよね?」
「そうですね。お願いします!」
 先ほどと同じ作業だ。待てよ、さっきよりクリトリスがはっきり露出してるぞ。再びクリ周りを含めて念入りにワックスを塗る。5分後にはがし、抜けてない毛があるのでもう一度同じことを。
 完全なパイパンになったのは40分ほど経ったころだった。
「すごいキレイなパイパンになりましたね」
「ですね〜。ありがとうございます」
 ここでオレは最後の勇気を振り絞り、パイパンに指を這わせた。
「すげーキレイだなぁ。クリちゃんも丸見えですよ」
 この言葉を聞いた鬼奴は、ニヤりと口元を緩ませた。「ンフフ」
 クリトリスに手をやっても拒否の態度は見えない。それ、そのまま手マンだ!
 …5分後、鬼奴はオレの上にまたがりガンガン腰を振っていた。やっぱり感じてたんだ!鬼奴に聞いてみたら途中からはオレの魂胆を確信していたそうだ。
「だってあんなにしつこくアソコを触る必要ないもん! でも剃ってもらえるならいいかなーって思ってたよ」
 この後、別の女性1人にも同じように試してみたところ、勃起チンコの手コキまでで終了した。まあ、よしとしよう。