出会い口説きALLOK

デキル男のためのライフスタイルマガジンです

特技におちんちんが大きいにと書いてお見合いパーティに出てみた

これまで、お見合いパーティを舞台にさまざまな戦術でセックスを実現してきた俺だが、今回は自らの最大の武器とも言えるある「モノ」を繰り出してみることにした。
 実はオレ、巨根なのである。現にテレクラのエンコー女からもしばしば「ちんこがデカい」という感想をもらうことがある。中学以来、長さを計ったことはないが、勃起時でざっとパルメザンチーズ容器くらいの大きさはあると思う。ちなみに、いまパルメザンチーズの長さを測ったらその長さは約15センチだった。
 女性のなかには、デカいちんこでアンアン言いたい願望があると聞いたことがある。
現に、そういう外人と日本人女優とのAVとか出てるし。ならば話は早い。今回は我が武器をついに解禁し、デカチンに反応した女性をさくっと仕留めてしまいたいと思う。
新宿の平日開催のパーティに足を運んだ。いつものように、プロフィールカードには必要最低限のこと以外は書かないでおこう。ほかの項目に紛れて「巨根」の文字が目立たなくなることを防ぐためだ。
「趣味・特技」の文字を二重線で消し、「自慢」と書きこみ、そのスペースに大きく「巨根」と書き込んだ。これで気づかない女性はまずいないだろう。
 巨根ぶりを実感してもらおうと、パルメザンチーズも用意してある。女性側も容易
に想像できてその場で興奮もしてくれるナイスな戦略だ。まずは1分間の回転寿司タイム。軽い自己紹介ならぬ巨根紹介を済ませてしまおう。
会社受付をしている25才の女性
だ。どう見ても結婚相手を探して足を運んでるっぽいが、巨根の一言で婚活どころじゃなくなるだろうな。
(●……自分  ○……女の子)
●どうも、よろしくおねがいします(カードを差し出す)
○よろしくおねがいしまーす! …って、ちょっとヘンなのがいま見えちゃったんで
すけど(カードの「巨根」を指差す)
●いや、別にヘンな形じゃないですよ。
○いやいや、そういう意味じゃないですから! ていうかこれ冗談ですよね?
●いえ、ホントです。だいたいこれくらいあるんですよ。(チーズ取り出す)これなら大きいって言えますよね?
○え? なんで持ってきてるんですか?
●いや、わかるようにですよね。
○すみません、ちょっと意味がわからないですね。
予想外にドライな反応だ。見慣れちゃってるのかな?続いては、同い年の関西弁でノリがいい黒髪ちゃんだ。巨根にもノリのいい反応を示してくれるかも。
○ていうか、これ(巨根の項目)ホンマですかあ?(笑いながら)
●やっぱり、大きいか小さいかでいったら大きいほうがよくないですかね?
○はあ? なに言うてるんですかあ! はははっは!
●一般論ですよ。「大は小を兼ねる」って聞いたことありません?
○いやいや意味わからへんから! ていうかあなたチャラいチャラい!(シッシッ)
●でも、お姉さん大きいのきらいじゃないでしょ?
○あっはは! 何言うてんのこの人! ほんまチャラいわ〜!
 さすが関西人。シッシッと言いつつもノリはいい。マークしておこう。

同い年のOLさんだ。カードを渡したところ、すぐに趣味を聞かれた。カード見てないのかも。
●ああ、趣味とかあんまりないんで、自分のアピールポイント書いてみたんですけど
(プロフィールカードの巨根の箇所を指差す)
○あの、これなんですか?
●あ、意味わかんないですか? おちんちんが大きいっていう意味です。
○あはは! ちょっと、パーティにヘンな人紛れ込んでるんですけどー!
●ちょっと待ってくださいよ!
○そういうのって、ここに書くことじゃなくないですかあ?
●実際、褒められたことあるんだからおかしくないんですって。
○いやいやちょっとついてけないですよ!お姉さーん! この人でーす!(スタッフに向かって笑いながら)
●ちょ、ちょっと待ってください! わかりました、口で言ってもダメですよね? そしたらちゃんと実物見てもらったほうが早いと思うんですよ。
○なになに?
●ほら、これくらいです(チーズ見せる)
○はあ? バカじゃないの?
 呆れて笑っている。そして、あまりの呆れっぷりに思わず敬語が取れてしまったようだ。