出会い口説きALLOK

デキル男のためのライフスタイルマガジンです。裏モノJAPAN監修の出会いやナンパに特化したブログです。

もう風俗嬢もう相手でいいからモテてみたい

世の中、フーゾク嬢をセフレにする方法はいろいろとあるのでしょうが、どんな手を使うにせよ、結局は相手に好意を持たれなければ何の意味もありません。
別の言い方をすれば、彼女たちに気に入られたら、それだけで目的を果たすことが可能なのです。
 
フーゾク嬢に気に入られるため、私が日ごろ行っているのは簡単なことばかりです。
●清潔を心がける
不潔な客はフーゾク嬢がもっとも嫌う人種です。特に中年男は加齢臭の問題もあるので、店に遊びに行く前に自宅でシャワーを浴びておきましょう。またホテルに入った際、シャワー前に嬢の体に触れるのも嫌われ行為です。
●差し入れをする
オキニの嬢であれ、初対面の嬢であれ、差し入れをすれば簡単に好感度を上げることができます。中でも喜ばれるのが飲み物。夏なら冷たいペットボトル、冬ならホット缶などがいいでしょう。逆に高価な贈り物はドン引きされるので絶対にやめること。
●とにかく誉める
明らかなウソはシラけますが、どんな些細なことでも誉められそうな部分はバンバン口に出して伝えるべきです。たとえば上着をかけてくれたら「ありがとう、気が利くねえ」、フェラに時間をかけてくれたら「すごい気持ち良かったよ。ツボをわかってるねえ」という感じで。 
以上、当たり前のことばかり並べ立てましたが、これら3箇条をすべて実践している人は意外といません。その証拠に、店外デートに応じ、私とプライベートセックスをした嬢のほとんどは、その理由を口を揃えて言います。
「あなたが珍しくいい人だったからエッチする気になったの。また遊ぼうね」
ビジネスライクなフーゾク嬢もやはり人間。気に入った相手にはついガードも緩むものなのです。

プロ意識の低いガイジン風俗嬢は連続指名&食事で落ちる

フーゾク嬢を手っ取り早くセフレにするなら、外人オンナを狙うのが一番だ。
韓国、タイ、ロシア、南米と人種はいろいろでも、彼女たち外人フーゾク嬢にはひとつ、見逃せない共通点があるからだ。
来る日も来る日も仕事漬けの生活。たまの休みも不慣れな異国の地では、どこへ出かけていいのかもわからない。窮屈な寮には同国の人間もいるが、出入りが激しいためなかなか友人はできず、仲間が出来たと思ったら、今度は自分が別の街(店)へ飛ばされるハメに。
つまりはそういうことだ。彼女たちは日々、孤独に耐えながらキツい仕事に励んでいるわけで、その寂しさを埋めてやりさえすればコロッとこちらになびく。では、具体的にどうやればいいのか。簡単な話である。3日ほどで指名すればいいだけだ。
1回や2回のプレイではまだお客さんだが、たて続けに3回も顔を合わせれば、自然とこちらに親しみを持つ。
そしてもうひとつ、外人フーゾク嬢は日本人と比べてプロ意識がかなり低い。
仲良くなった客からメシや飲みの誘いがあれば困るどころか大喜びし、そのまま
プライベートな関係になってしまうことがままあるのだ。
とりわけ、彼女たちはロマンチックなムードに弱い。夜景の見えるレストランなどに誘いだせば、食事後、舌なめずりしてくるだろう。