出会い口説きALLOK

デキル男のためのライフスタイルマガジンです。裏モノJAPAN監修の出会いやナンパに特化したブログです。

息子にAV出演がバレ家出されてしまった人妻

6年ほど前から、私は人妻系のアダルトビデオに出演している。言うまでもなく、主人も同意の上でだ。そもそものきっかけが主人のススメだった。ある製作会社の出演者募集に対し、夫婦で応募し、そのまま一緒に撮影の運びとなったのだ。初回こそ夫婦共演だっ…

男でも想像妊娠・原因は潜在的なホモセクシャルだった

想像妊娠は難しい病気だ。本人が理解するまで説明を繰り返すしかない。老婆はなかなか納得しなかった。ホルモンバランスの歪みを解説し、胎内のレントゲン写真を見せても、間違いなく腹の中に子供の感触があると言って譲らない。長期戦を覚悟し始めたある日…

知らず知らずのうちにテレクラ美人局の共犯者になっていた

ちょこちょことエンコーをするようになった。エンコーの手段はテレクラだ。出会い系もためしてみたけど、テレクラの方がじかに相手と話せるぶん圧倒的に効率がいいし。お小遣いをくれるなら深く考えなくてもその男と知り合ったのは、去年の夏の終わりごろだ…

ナンパした女子大生の誕生日にデート⇒残念食い逃げ失敗談

土曜日だというのにオレは、仕事を片付けるため休日出勤をし、午後6時を回ったのを合図に会社を出た。通常ならまっすぐ家に帰るところだが、その日はソフト・オン・デマンドのDVDを買うため新宿へ。脇目も振らずTSUTAYAを目指し歩いているとき、…

テレクラからの即会いデート、最後までうまくいったらいくらくらいかかる?

テレクラはギャンブルである、と口を酸っぱくして言っているつもりだ。いつでも勝てる競馬が存在しないように、誰が、いつ行ってもゲットできる魔法のテレクラはあり得ない。あくまで偶然に左右されるものなのだ。といっても、その偶然は数々の要素から成り…

メールのおかげで準強姦容疑から奇跡の生還した男

会社の飲み会帰りに赤羽駅付近を1人でフラフラしていたときのことだ。コンビニの前でスーツ姿の女性がうずくまっているのを発見した。好奇心で近づいてみると、グスン、グスンと鼻をすする音が聞こえてくる。泣いてるのか?「あのー、大丈夫?」「……」隣に…

メールやり取りだけで稼ぎ出す主婦が始めたエンコー仲介業

ミクシィを始めたのは3年ほど前。理由は周りの友達がやっていたからという単純なものだが、これが想像以上にハマった。主婦向けのコミュに登録しながら、同時に自分の日記でオリジナルの献立レシピを定期的に公開する。これが主婦たちに受け、気がつけばマ…

レンタカーでカーセックスする三十路オンナ

意外に知られていないことだが、現在、多くのレンタカーには車載レコーダーなるものが搭載されている。フロントガラスから前方に向けて設置されたカメラは、車のエンジンがかかっている間ずっと動画と音声を記録するので、追突事故などの際は責任の所在がど…

契約のためにはセクハラもメンズエステで白衣の美女と戯れる

メンズエステという言葉をよく聞く。やらしい系のではなく美容を謳い文句にした「ダンディハウス」や「TBC」といった店だ。ああいうところはたいていお試しコースを設けていて、初回だけは格安でサービスを受けられることになっている。そこでオレは考え…

一人でラブホにやってくる石原さとみ似の美人はオナニーマニアだった

歌舞伎町にあるラブホテルで働きはじめた。仕事は清掃とフロントの兼務。シフトの状況によって、どちらか一方を受け持つのだが、俺が好きなのは断然フロントだ。重労働の清掃と比べて、ただ座ってるだけでいいのだからラクチンだし、何より管理モニターをチ…

韓流好きなピュア女子たちと簡単に仲良くなれる夢のようなバー

外国人街として有名な東京の新大久保は、近ごろの韓流ブームの影響で平日から大勢の人で賑わっている。最近は特に若い女の子の数が増え、週末ともなると原宿の竹下通りのような混雑ぶりだ。そんな新大久保に、韓流好きなピュア女子たちと簡単に仲良くなれる…

留学生の女子大生と付き合ったいい思い出

俺がテレクラで初めて外人女と会ったのは、今から4年前。テレクラざんまいの日々を送っていたころだ。その2年前ほど、サラリーマンをリタイアし、生まれて初めて入ったテレクラで、柏木由紀風の美人に誘われてビギナーズラックなセックスを楽しみ、3日を…

落ちそうで落ちないキャバクラ嬢と次々に寝てしまう特技の持ち主

遊びの原点といえば「飲む」ことであろう。酒のあるところ、女あり。アルコールで大脳新皮質が麻陣した男たちはしばし現実を忘れ、桃源郷にさまよう。遺伝のせいであろうか、僕はまったく酒が飲めない。飲めないからドラッグに手をだしてしまった一思い返し…

テレクラ王で漫画家の成田アキラさんの口説き術

まだ売れない漫画家だった成田アキラ氏と女子大生が出没するスポットをそぞろ歩き、記事を僕が、イラストを成田さんが書くといった連載を週刊誌でやっていた。テレクラ漫画で一時代を築く数年前のことだ。仕事があまりなかった成田さんに、一枚八百円という…

忘新年会!道ばたで酔いつぶれてる女子をモノにする方法

※この記事は読者様の投稿です。知的好奇心を満たすためにお読みください。実行されると罰せられるものもあります。 クリスマスや忘年会など、何かとイベントが増えるこの季節、街を歩けば泥酔した女子がゴロゴロ転がっています。なのにどうして皆さん、声を…

ブラをはぎ取りパンティも!インディーズのライブはチカン天国

おそらく現時点で最強と思われる、痴漢ライブがあるのだ。ドリカムやサザンのような有名アーティストのコンサートではない。世間的な知名度はほぼゼロ、しかし一定の熱狂的ファンのいるインディーズバンドのライブだ。この手のイベントは、大抵、規模の小さ…

ブサイク同士で電車内でイチャつくカップル

人目もはばからず、電車内でイチャつくカップルがいる。顔を寄せ合ったり、髪を撫でたり、抱擁したりと、とにかくやりたい放題なあの連中を前にして我々が抱く感情はただ一つだ。見苦しいんじゃ、ボケナス!!なぜそうなるのか。理由は単純、ヤツらは120%…

ホステスでプロ野球選手とエッチした女子大生

学生をやりながら六本木の『S』というクラブでホステスとして働いていました。並の店じゃありません。「座って3万円」の超高級店です。常連客には芸能人や政治家の方々なども少なくありませんでした。その年の冬、自宅でメイクをしていると、ママからこん…

外人系出会いサイトで日本人女性を狙う作戦

外国人の女、とりわけパッキン姉ちゃんに特別な思いを寄せる男性は意外に多いと思うが、ある意味排他的とも言える島国日本に住むかぎり、外人女と知り合えるきっかけは少ない。英語が話せなければ友達になるのも難しいだろう。ところが近頃、ネット上に複数…

美人バスガイドをナンパする方法を考えてみた

私は制服大好き人間で、中でもバスガイドがお気に入りである。実は、俺の初恋の相手はバスガイドさんだった。小学生のころ、家族旅行で行った九州で、観光バスの美人ガイドに一目惚れ。少し胸の開いたブラウス、香水の香りにドキドキしまくり、帰りの日には…

姓名鑑定・姓名判断を使ってエッチもお金も頂く男

「明後日○○高速の××インターの出口にあるマクドナルドの駐車場に行けば女が待ってるから。女には当日、ノーパンで、実印と銀行印、認め印の3本の印鑑をアソコに入れてもらうように言ってある。それから最低でも3回はアンタをイカせてやらないと、運が良く…

エッチ付きも可な女性専用の便利屋

女性専用の便利屋を買って、もとい体験してほしいという。「最近、女性向けのエッチサービスが増えてるんですよ。それもただヤルだけの出張ホストじゃなくて、彼氏代行をかねた便利屋タイプが。それ、試してみましょう。もちろんエッチ付きで」私に異存はな…

ホストになればモテて稼げるのか体験入店

海斗だの、しゃらくさいモノは断じていかん。お、そうだ。コレでどうだ。「《虫象》って名前はどうでしょうかね?」「へ、ムシゾウ?ダサっ!おい、勘弁してよ」うう、そんなにダサいのか虫象。「まあ、ど-してもって言うなら別にダメ出しはしないけどさ、…

コンパニオン情報を扱うサイトでコテージコンパニオンなる代物を見つけた

コテージコンパニオンなる代物を、楽しんでみようと思う。コンパニオン情報を扱うサイトでこの文字を見たとき、私の想像力は激しく膨らんだ。温泉ではなく、コテージ。連想するのは、高原に建ち並ぶ丸太でできた小屋か。いや、丸太ではなくとも、ともかく大…

親たちがどのように知りあい、結婚に至ったのか母親に聞いてみた

ぼくは実家へ戻るべく、九州へ向かう新幹線に座っていた。親父の命日だからだ。といっても、親戚一同が集まるわけではない。年に一度の記念日のようなものだ。ぼくにしても、この日に墓参りするのは数年ぶりのこと。わざわざ帰省したのには理由がある。墓参…

無料ホストのようなご奉仕クラブを自分で作ったらやりたい放題ではないか!?

まつたりと大人なプレイを楽しみたい貴女の参加をお待ちしております。ネットに、女性への無償のセックスサービスを目的とした、通称ご奉仕クラブなるサイトが数多く存在しているのをご存じだろうか。要は複数の女とヤリたいだけだろうことは、簡単に想像が…

フリーセックスの教団の噂は本当なのだろうか?

フリーセックス。この言葉には、二通りの意味がある、とオレは思う。一つは「目由」に取っ替え引っ替え女とヤリまくること。そしてもう一つは「ダダ」でセックスをすることだ。両方合わせれば、ダダで女とヤリまくり。まったく女にモテない俺には、まるで夢…

ほとんど詐欺・世にも恐ろしい結婚相談所の実態

結婚詐欺。といえば、色男が女をダマし金を引っ張るのが、よくある構図だろう。が、最近では、逆のケースも珍しくない。そう、女が行き遅れの中年男性をハメるパターンだ。ここに1人の女がいる、田中亜美(仮名)。この4月まで、都内の結婚相談所「A」で…

バイアグラのセックスは射精感がない?

歯科医を開業している友人からパーティに誘われた。話からすると、流行りの「異業種交換会」である。テレクラばかりにかたよっていると、人間不信、特に女不信になってしまう。バリバリの実業人間と交流し、気分をリフレッシュしよっ、と西新宿に出かけた。…

適度に擦れている街のナンパ方法

公衆電話からテレクラにかけている女をその場で横取りしてしまう男は、テレクラ創世期からいたとされている。携帯電話が普及した今では、テレクラにかけるとき以外に公衆電話を使う理由など見あたらないわけで、ボックス内にいる1人1人に声をかけて回れば…