出会い口説きALLOK

デキル男のためのライフスタイルマガジンです

エロ写メの常連投稿女が近所のスーパーのレジにいた

出会い系サイト『PCMAX』の『写メコン』なるコーナーにハマっている。これ、登録してる女の子が色んな写真を投稿する場所だ。顔写真に始まり、おっぱい、尻、アソコ(さすがにモザイクは入るが)やオナニーなどなど、素人女性のリアルなエロを見られるので非常にイイ。そこの常連投稿者のミナという女に半年ほど前からゾッコンだ。千葉在住の彼女は、34才の主婦。プロフを見ればオレと地元が非常に近い。ていうか同じ生活圏にいる女だ。彼女、毎日3〜5枚のエロ写真をアップしてくれるのだが、それがツボをおさえている。おっぱいに乳首いじり、パンティ越しのオナニー。そして最後に感じてる顔。大きめの乳輪に昔の青田典子に似たセクシー顔がステキだ。オレは毎日、応援のメールを送った。
〈今日もステキな写真をありがと!ミナさんのおかげで毎日がんばれるよ〉
〈ありがとうございます♪ たくさん見てくれたら興奮します〉
こんなスケベ女が地元にいる。そう考えるだけで勃起するのだからオレもまだまだ若い。さて今年の3月のことだ。ヨメにおつかいを頼まれて近くのスーパーに足を運んだ。カゴに商品をつめてレジに並ぶ。と、ふと視線をやった隣のレジに見覚えのある顔が。(え、ミナさん…?)
まさかと思い目をこすって見直してみる。間違いない。あの写メコンのミナさんだ。まさか地元のこんなスーパーでレジ打ちしてるだなんて。彼女は愛想のいい感じで客とのやりとりを続けている。が、声をかけるわけにもいかないのでそのまま店を出た。さてこれからどうしたらいいか。できることならお近づきになってあのイヤラしい乳首を直接目の当たりにしたい。だけどいったい何と声をかければいいんだ。「PCMAXの人ですよね?」じゃキモイだろうし。
悩みぬいた末、ミナさんにメールを送った。
〈そういえばミナさんって普段お仕事とかしてるのー?〉
〈はい、パートしてますよ〉
〈へえ、そこって制服とかあるのかな? もし良かったらその制服を着たエッチ写真投稿してほしいなー〉
例のスーパーの制服は緑色のエプロンにYシャツ。もちろんミナさんもバッチリ着ていた。〈うーん考えてみます〉〈検討してみて! 撮ってくれるときはあらかじめ教えてね〉仕事場で働くナマのミナさんを見てから職場エロ写真でヌコうと考えたわけだ。そこからさらに数日後、ミナさんからメールが届いた。
〈明日、職場のお昼休みに撮ってみますよぉ。投票してね〉 
 翌日、朝からスーパーに向かう。エロ写真を撮る前のミナさんをじっくり見てやらねば。ほほー。今日もその地味な仕事に似つかわしくないスケベ顔で働いてますなぁ。客とおしゃべりしてても頭の中はこれから撮影するエロ写真のことでいっぱいなんじゃないの?
 店内をフラフラしたり店の外でタバコを吸ったりしながら観察を続ける。1時をまわったところでミナさんがレジから離れた。よし、サイトを開いて…。すぐに新着写真が投稿された。タイトルは『お昼休憩』だ。そこにはトイレで撮ったであろう、例のエプロンをたくしあげ、ズボンとパンティを下げてマン毛を全開にした自撮り写真が写っていた。うわ、マジでミナさんだ!!さっそく投票してメール。
〈ミナさん最高です! シコっちゃってもいいですか?〉
〈いっぱいしてぇ〉
〈もう一枚追加で撮ってもらえませんか? 制服のまま
でお尻を突き出したのとか〉 
5分後、オーダーしたとおりの写真が投稿されたのを見て思わず小躍りしてしまった。ホントにスケベな女だ。以来、ミナさんに仕事中のエロ写真を投稿してもらい、それを見てはスーパーのトイレでシコる日々が続いている。最近では彼女が担当するレジ
に並び、「暑いですね」とか「いつもありがとうございます」みたいなちょっとした会話を挟むほどの接近ぶりだ。