出会い口説きALLOK

デキル男のためのライフスタイルマガジンです

暇そうな店番をしてる店員に手紙でナンパは通用するか

f:id:torivian:20171028165322p:plain

お店でポツンと店番をしてる店員さんがターゲットだ。一発でヒマだとわかる彼女たちは、退屈すぎて死にそうになってるはず。
 そこにラブレターを持った男が現れたら大きなインパクトを受けるだろう。さっそく配りに行ってきます。

いったいどの子が来るのやら?
ワクワクしながら待ち合わせ場所へ足を運ぶと、6番の子が待っていた。なんとなく安達祐実に似てる子だ。
「こんばんはーみのやです」
「あっ、どうもはじめまして。安田です」
 あいさつを軽く済ませ、近くの居酒屋へ向かう。
「お酒何にする?」「じゃあ生ビールを」
 ではビールで乾杯。
「けっこう前に手紙渡したから、もう連絡ないと思ってたよ〜」
「ごめんなさい。そうですよね、でもあのときはまだ好きな人が
いて…」 以前にも書いたかもしれないが、手紙にはこういう効果がある。渡したときは無視されても、人恋しくなったときについ連絡してしまうような効果が。
「そうなんだ、全然気にしないで。でもその人のことはもういいの?」
「うん、もう脈ナシだなって思えちゃって…」いきなりマジメな恋愛話になった。ここは一気に聞かせてもらおうか。
「職場の人?」
「仕事の人じゃなくて、習い事の先生」
「先生に恋してたわけだ」
「そう! でも結構遊び人ぽくて、まわりの人はアイツには気をつけたほうがいいよって。アハハ」
「そっか、じゃあ付き合わずに終わったの?」
「うん、まぁ、そういうこと…」
 なんかすっきりしない感じだが、本人が諦めたというんだからいいか。
「英子ちゃん、結構落ち着いてる感じに見えるけど、いくつなの?」

「28です」
 まぁそんなところか。
「なんか、みのやさん聞いてばっかり。みのやさんの方はどうなんですか? 恋人とか…」
 さて、なんて答えよう。
「俺は3カ月くらい前に別れたけど…」
「どれくらい付き合って?」
「半年くらいかな。うまくいかなくなって…そのまま別れた感じ…」何となくさっきから疑いの目で見られてるような気がする。
テキトー過ぎたかな。
「よく手紙渡すんですか?」
 わ〜やっぱそれ聞くか。うん、毎月撒いてます! なんて言えるわけがない。
「いやいや、手紙なんて書いたの高校以来だよー」
「なんか慣れてるような…。なんで私なのかなって思って」
 グイグイ来ますねえ。鋭い突っ込みだ。
「接客してるのを見て、感じのいい人だな〜と思って。それでずっと印象に残ってて、一度会って話ししたいなと思ったんだよ」
「そんな、印象いいかな、私…」
 そろそろ話題を変えなくては。シモ系でも大丈夫かな?
「英子ちゃんその先生とエッチはしなかったの?」
「アハハ、何ですか〜突然! う〜ん、あったようななかったような」
 なんだそれ、ヤッてるってこ
とでしょ。この子、聞けば何で
も答えてくれそうだな。
「でも最後まではしてないですよ」
「途中まではしたの?」
「してないですよー、されそうになっただけ!!」
「されそうになっただけ? どこまで!?」

「えー、ご飯行って、帰りに…」
「帰りに?」
「キスされて」
「キスだけ?」
「キスだけ」
「ふ〜ん…。それだけ? 怪しいけど」
「それだけですよー、だって強引だったんだもん…」
 強引はだめかぁ〜。でも、なんか先生の気持ちはわかる気もする。英子ちゃんMっぽいし。強引に攻めればやれそうな気がするんだよね。
「でも、押しに弱いタイプじゃない?」
「やっぱりそう見えますか」
 自覚症状もあるみたいだ。これは面白くなって参りました。
 時刻は10時。そろそろ俺も彼
女もほろ酔いになってきたし、勝負に出てみよう。
「お店変えよっか」
「いえ、今日はもうヤメときます」
 え〜なんでだよー。せっかくこれからだというのに。「じゃあさ、帰りがけにウチの近所で飲み直さない?」
「う〜ん、でも…」
 押しに弱いことはまず確実だ。会計をしながらレジの横で軽く彼女の腰に手を回してみる…。嫌がる素振りはない! アレ、やっぱりいけちゃうのかな?
 店を出て、階段のところで腰に回した手を少し胸の方へ動かしてみた。
「も〜ダメです〜」
「明日早いの?」
「まぁ、普通だけど…今日は早めに帰りたくて」

いかん、こりゃ今日は無理だな。
深追いはせずに今度に期待した方が無難かも。時にはガマンも大事だよね。