出会い口説きALLOK

デキル男のためのライフスタイルマガジンです

人気の投稿掲示板で出会いを増やす

モザキンなる愛称で変態カップルなどに人気の投稿掲示板で、自らの痴態を披露したい連中の個人撮影セックス写真がずらっと並んでいる。
 オレのターゲットは、ここの女性投稿者だ。
『ユカです。エッチな私を見て下さい』
『せいこ。私のカラダどうですか? みなさん評価して下さい』
 この類の見せたがり女にどうアプローチすればセックスまで持ち込めるのか。過去2回の成功体験から導き出した手法は以下のとおりだ。
 まずは女の投稿をチェックし、「サイト内メール」で連絡を取れる設定にしている人間を探す。ターゲットを発見したら(大半は30代後半以上)、いきなりメールで接触はせず、最初は掲示板に書き込む形で、
『最高に興奮しました。もっとたくさん見せて下さい。しごかせていただきます』
 と適当な感想コメントを書いたあと、次の一文を付ける。
『よかったら、時限で顔をさらしてもらうことできませんか?』
 ここの掲示板の連中はみな、顔のモロ出しまではしてないが、深夜などの時間限定で顔出し写真の投稿がよく行われている。それをお願いしてみるのだ。
 これに応じてくれたら、サイト内メールでお礼をする。
〈ありがとうございます。お綺麗な方で、本当にステキだと思いました。
当然、男性パートナーさんがいるとは思いますが、今後、単独男を募ってプレイする機会などがあればお声かけ下さい。もしメールもらえたら、こちらの写真送ります〉
 こちらの所在地と直メを付けて送ると、5人に1人くらいは直メでレスが来る。
〈メールありがとうございます。今のところ単独さんとかを募集したりはしてないですけど、もしそういう機会あればお願いします〉
 内容はこの程度でも、女の変態心が疼きはじめている。で、約束どおりこちらの写真を送る。
 以降、彼女がモザキンに写真を投稿するたび、直メに感想を送り、なんとか対面に持ち込んでセックスしたのが2回。間違ってはいないと思う。
GPSで近くにいる子とチャットのやり取りができるアプリだ。名前そのまんま、女性ユーザーの多くがギャルなので、ギャル好きにとってはまさに天国のようなツー
ルと言える。
 ギャルが相手な以上、1にも2にも軽いノリが必要だ。真面目に装っても引かれるだけなので、メッセージもチャラければチャラい方がいい。
 僕がいつも使ってる最初のメッセは「今、気づいたら小指立ってた(笑)なんでか分かる?」や「一目惚れって信じる?」といった感
じ。この文章をコピペして、出来るだけ多くの女の子に送りまくる。
 確率としては10人に送って1人から返事があればラッキーかな、くらい。ただ、このアプリの一番の特徴は返信をくれた子が近くにいるってこと。「じゃそこで待ち合わせしようよ」
とわずか3分後に会えたりもする。「おごるからご飯でも行こう」とでも言えばアポ率は一気にアップだ。
 ちなみに以上は、東京や大阪などの大都市で、かつ街中での使い方。田舎や郊外で立ち上げると、いつも同じメンバーしか表示されないので、すぐに一巡してしまう。
「斉藤さんと話す」ボタンを押すだけで、全国のどこかで同じボタンを押した誰かとランダムにマッチングされ、会話がスタートする。
 マッチングには男女の区別すらなく利用者の地域もバラバラ。しかも一度繋がった相手とは2度と会話することができない仕組みだけに、出会いツールとしてはかなり非効率的だ。
 なのでもう、数を打つしかない。プロフ欄に「男」と性別だけを載せて、何度もボタンを押しまくる。相手が男なら即切りだ。というか、向こうから切ってくる。
 いざ女の子と会話が繋がったら、第一声で自分の地域を宣言してしまう。
「こんにちは。こっちは広島だよ。どこからかけてるの?」
 答えない、あるいは遠方ならまたも即切り。
 会いに行ける距離なら、ようやく本腰を入れてトーク開始だ。
 といっても「会いたい」だの「遊びたい」だのは禁句。「ライン教えて」「番号は?」も禁句。斉藤さんはそんな男ばかりなのでウザがられてしまう。
 ここは他愛のない会話で、オモシロおかしく喋る人であり続けるしかない。
 そして、そろそろ切ろうかという段になって初めて、「いま切ったら2度と繋がらなくなるし、このままバイバイするの寂しいから、ラインID
交換しようよ」と切り出す。つまり中盤の他愛のないトークは、盛り上がったから明日以降もしゃべりたい、という大義名分のためにすぎない。
 いざラインに移ってからは、いつでもつながるのだから焦る必要はない。じっくり落としていこう。