出会い口説きALLOK

デキル男のためのライフスタイルマガジンです

ナンネットの攻略法

ナンネットは変態が集うSNSだ。ヤリチン、ヤリマン、露出カップル、オカマなどなんでもござれ。
 ならば普通にメールをしただけでセフレくらい簡単にできそうなものだが、実際そうはいかない。なにしろ女性には同じ考えのオトコから膨大な数のお誘いメールがいってるわけで、返信なんてロクに来やしないのだ。
 以下に記すオレの爆撃メールは、そんな男どもと差別化を図るべく練りに練った大作だ。重要なのは、少年のような爽やかなエロさを打ち出すこと。
〈こちらは世田谷住みの30才、既婚です。久しぶりにナンネットを開いていろいろ眺めていたら、●●さんのプロフにたどりつきました(笑)良かったら仲良くしてください!
 こちらのプロフですが、まあなんてことのない、フリーのエディトリアルデザイナーです。(だからこんな時間にこういうサイトを見れてますw)。結婚して子供が1人います。
 家庭はまあ円満なのですが、シゴト、家では得られない『人との繋がり』が欲しくてたまにナンネットを眺めてます。
●●さんもご結婚されてるとのことなので、いきなりリアルに会おう!なんて言えませんが(笑)メールなどでお互いのことを知ってからならランチくらいは誘わせてください!
 気が合えばカラオケに行ったり、たまにはギュッっとできたら嬉しいなぁなんて。
 というわけで、お時間あるときにでもお返事もらえたら嬉しいです。平日はわりとフリーで動けるので、そんな感じでよろしくお願いします(笑)〉
「ランチ」「たまにはギュッと」の言葉が重要だ。仕事もテキトーにオシャレっぽいものを書いておく。
 こいつのおかげで女からの返信が断然増えるし、実際にはランチだけで済んだためしがない。99%がヤリマンと言われるナンネット。サイト内には、そういったセックス大好き女との交流を目的とする様々な機能や掲示板が用意されているが、俺が
ダントツでオススメするのは、「明日明後日、暇な人」掲示板だ。文字通り、近日中にセックスしたいと考える男女がその旨を書き込み、相手を募集するための場である。
 ここで簡単&確実に女を釣るには、たった2つの決まり事さえ守ればよい。
 一つは、毎日、何度もこまめに掲示板をチェックし、女の書き込みを見つけたら、すかさずサイト内メールを送ること。書き込んだ女のもとには大量のメールが届くため(場合によっては50通以上)、着順の遅いメールほど内容を読まずに破棄される可能性が高くなるのだ。換言すれば、書き込みがアップされてから30分以上経過しているものは脈ナシと考えてスルーしていい。
 二つ目のルールは、メールを出す際、簡単なプロフィールを添えておくとともに、必ず
「ホテルに行くのは、実際に僕と会ってから決めてもらって結構です」の一文を入れておくことだ。ナンネットには、女とアポったら即ホテル
へ行こうとする男が腐るほどいて、またそれが当然という風潮があるものの、実際のところ、閉口している女は意外と多い。「ホテルに行くのは~」の一文で紳士的な姿勢を打ち出すべし。
 ちなみに、ナンネットには「明日明後日、暇な人」掲示板の他に、よく似た名称の「今日、暇な人」掲示板というものもあるが、こちらは書き込みをする女の数がめちゃめちゃ少なく、まったく使えない。お間違えなきよう。
自分のプロフ
写真に巨根ペニス(ギンギンに勃起したモノを可能な限り下からあおって接写したもの)
をまぎれこませておくのだ。送信する文面はこんな感じ。
〈ペニスが相当デカイって言われるんですけど…点数つけてくださいな(笑)〉
 いくらエロい女ばかりのサイトとはいえ、これではさすがメールなんてこないと思うだろう。だが現実は違う。一日に一通は返事がくる。
 だいたいは『73点(笑)』みたいなカラカイだ。でもこんなやりとりができるだけでも、猛者ぞろいのナンネットでは貴重といえる。
 そこからはいかにデカチンで女が驚いてきたかをアピールしていくのみ。前にココで会った
子は半分入れただけで泣きそうになってたよ、みたいな適当なエピソードを作る。
 ナンネットではブサイクな男は特に苦戦しがちなので、このタイミングで、過去に女性と会ったことがあることをさりげなく伝えておくのも重要だ。
ああ、この人は嫌われるほどのブサイクじゃあないのね、と思わせておく。
 いざ会う際、デカチンじゃない人はペニスリングを仕込むことをオススメしたい。あれがあれば多少は立派に見えるものだ。まあバカにしてくる女なんていないけど。
オレが追っかけているのは『生で見せたい女(通称、生見せ)』掲示板に書き込んでいる連中だ。
『柏のとあるマンガ喫茶に16時まで居ます。1人だからヒマ! 何かしたいな☆』
『上野公園に集合して下さい。ミニのワンピでノーパンお散歩しまーす』
 ようするに、どこそこで露出プレイをやるから見に来いというわけだ。
 では、実際に現場に行くとどんな感じか。
 まず冷やかしがけっこう多く、オレの経験上、現場に辿り着ける確率は3割くらいだ。また、ちゃんと女を見つけたとしても(容姿の悪い輩も多いが、この
際それは置いておく)、掛け値無しに楽しめるかというと、ちょっと疑問だ。自分以外にも目を血走らせたオッサンたちが蠢いているのだから、流れでどうこうなる可能性はゼロだ。
 そこでオレは他の男どもを排除するために、生見せ女の書き込みを見つけたら、適当な投稿者名でこんなレスを書き込んでいる。
『こんなの釣りに決まってんだろ!』
 男の足止めを狙う作戦だ。間を置いた後、さらに別の投稿者名で、
『こいつ冷やかしです』
『いない。騙された!』
 複数人が書き込んでいるふうに見せかけ、信憑性が増すように仕向ける。そして自分だけは現場に行くのだ。
 おかげで過去2回、現場に男がオレ一人しかいないこともあった。その際は女のテンションもさすがに下がるのか、露出プレイ自体は控えめだったが、こちらから飲みに誘い、きっちりセックスまでできた。