出会い口説きALLOK

デキル男のためのライフスタイルマガジンです

出会い系ミントCやイククルの攻略法

もっぱらお世話になってる出会い系はミントCだ。これといった理由もなく、たまたま友人が使っていたのを真似しただ
けだが、これで結構、新規の女も定期的に食えているので、今では欠かせないツールになっている。
 さてそのミントC、オレがフルに活用しているのは日記機能だ。時間に余裕があれば1日おきに、忙しい時期でも4日以上のブラン
クが空かない程度に、しこしこと日記を書き続けているのだ。内容はすべて、ハプニングバーでのニセ体験記である。
 それによりどんなことが起きるのか。日記を読んだ女から、こんなメッセージが届くのだ。
「こんにちは! ハプバーにチョー興味があるんですけど、勇気がなくて行ったことがありません(^^;) できれば一緒に連れてって欲しいです~m(_ _)m」
 メールが来る頻度は月に1、2度。
しかもその多くが20代前半というのだから、我ながらウソみたいな話だ。、面白かったですってな内容じゃ、思うような成果は出ない。コツ
は、ハプバーにはどういう男女が遊びに来ていて、いかに楽しい場所であるかを書くこと。
 それさえ守れば、文章の上手下手は関係ないし、だらだらと長く書く必要もない。はじめのうちはこんなレベルで十分だ。
『昨晩、渋谷の某店へ。いつもより客入りは少ないけど、20代の新規単女さんが4人もいたのはうれしい誤算です。何か緊張してるようなので、常連のYさんと一緒に、優しく彼女たちを
プレイルームに連れ出し、しっとりとプレイを開始。でも、そのうちサラリーマン風の単男さん2人と中年カップル1組も合流して、最終的には快楽のバトルロワイヤルに(笑)。とり
あえず、単女さん4人が楽しめたっぽいので何よりです』
もちろんすべてウソだ。
 ミントCの場合、日記は書くのも読むのも完全にタダなので、最初のうちは練習のつもりでどんどん書いて腕を磨いてほしい。
田舎はイククルが強いように思う。出張先の地方でもイククルはよく会える。田舎にだけ特別な宣伝をしてい
るのだろうか。あるいは他サイトの宣伝が弱いのか?
 それはともかく、イククルにおける自分の攻略法は極めてシンプルだ。
 まずは、『ピュア』掲示板に書き込みをする。
『36才の既婚者です。お互いの関係をきちんと理解しあって不倫を楽しめればと思います。せっかく火遊びをするわけですから、普段味わえないような快感を求め合えればと。それなりのエスコートテクニックは持ち合わせています』
 紳士的なノリは意識しつつ、セックス相手を求めていることをハッキリ打ち出しておく。写真は不要だ。
 この文章を、掲示板の上位に来るよう毎日一度だけ再書き込みし(無料)、反応を待つ。
 すると月に1人ほどメールが届くので、ハイいただきますだ。月に1人は少ないだろうが、こまめな作業のできない既婚者にはこれ
が精一杯だ。有料出会い系で、専用アプリもあり(アイフォン、アンドロイド共)非常に使い勝手がいい。
 が、女はサクラやキャッシュバッカーをのぞけばほとんどがエンコー希望で、特にアプリ世代ともいえる、18才~20代前半の子が多い。
 この状況でどうセフレを作るのか。どう考えても無理だろう。
 そう、非常に難しい。しかし毎日、1分ほどの単純作業を繰り返すと、半年に1人ほど獲物が引っかかる。効率が悪いので、他サイトをマジで、こちらは上手くいけば儲けモンぐらいの感覚でいればいいだろう。
 ではその手法を。
 毎日、夕方6時くらいにサイト内の「オトナ掲示板」に以下の文を投稿する(無料)。
〈自宅マンションで1人お酒を飲む予定の29才フツメンです。趣味が料理なんで好きなモノ作ってあげるから誰か食べ&宅飲みしに来ませんか? 大宮駅から徒歩5分くらい! ちゃんと終電までに帰すから心配しないでね~〉
お察しのとおり、リターンのほぼすべてが普通のエンコー誘いメールだ。それらはスルーする。
ところが、半年に一度くらい、エンコーには触れずに「お願いします」みたいな女があらわれる。 
 エンコー女ではあるのだけど、客が見つからないし泊まるところもないような、本当に切羽つまった状況になってメールをよこして
くるパターンだ。若いエンコー女が多いこのサイトだからこその現象だろうと思う。
 家に来てしまえば、エンコー女であろうとタダでどうにかなるもの。彼女らにも一飯の恩義ぐらいはあるのだろう。
不倫パートナーを探そうは男女問わず、書き込みが掲示板にアップされるまで5、6時間もかかるわ、爆撃メールが不可能だわ(一度メールすると以後8時間、他人に
もメール送信不可)と、完全に遊び人を排除する仕組みになっている。
 となると自然、こちらが取るべき手法は待ち作戦にならざるを得ないが、女側としても複数の書き込みにメールできないぶん、相手選びの真剣度は相当に高い。つまり、女から
のメールがあれば、フツーにそれだけでアポ率は高いと言って過言じゃないのだ。
 では、さらにアポ率を高め、かつ、その後容易にセックスに持ち込むためには、どういう書き込みにするのが正解か。
 オレの場合はズバリ、本音8割キレイ事2割の、かなりストレートな文面で勝負している。具体的には、
『初めまして。最初に正直に言っておくと、僕がここで探しているのはセックスパートナ
ーです。気兼ねなく、互いの性欲をぶつけ合える関係を望んでいます。望む相手は性欲の強い方か、僕の大きな性欲を受け止められる方です。あと軽
いSMプレイがOKなら言うことなしです(笑)。好き勝手に書きましたが、こういう間柄でもやはり多少の恋愛感情は欠かせないとも思ってます。美味しい店で
食事したり映画を観たり、そんなデートも楽しめたら最高ですよね。よろしくお願いします』
 このサイトで多くの女を食ってきたから言えるのだが、ここには恋愛相手のよ
うな重い関係ではなく、純粋なセフレを求めている人妻が少なからず生息している。そういった層にアピールするには、歯の浮くようなキザな文面より、ストレートな告白が一番なのだ。
ラブサーチはダントツの一番で女が食いやすいサイトだと思う。月2800円(定額制)の投資は決して高くない。
 ただし条件がある。食いまくれるのは、奇跡の1枚でもいいのでとにかく80点以上のイケてる顔写真を用意できる男に限られる。これが無理なら厳しいだろう。
 写真さえなんとかなれば、策は弄さなくていい。爽やかなメッセージを爆撃しまくるだけだ。
〈プロフを見て気になったのでメールしました。僕も●●(この部位だけは相手に合わせる)好きですよ。一緒に笑顔が絶えない日々が過ごせるような女性を探しています。毎日手をつないで公園を散歩できるような関係にな
れたらいいですね〉
 後は反応を待つだけ。僕の場合は、毎日日課のように10通ほど爆撃してるだけで、月に2人ほどはアポまで行っている。
 頭を使わず淡々と作業をこなすだけで結果が出るので、とりあえずは押さえておくべきサイトでしょう。
。利用者は男女ともに健全な雰囲気があり、特に女性たちは、基本的に結婚を前提とした真面目な出会いを求めている場合が多い。
 なのでここで演ずるべきキャラクターは「爽やかでお金に余裕のある男」。プロフィール上の趣味はスポーツ、年収は600万から800万程度にしておけばいいだろう。
もちろんプロフだけでは弱いので、日記は必ず利用したい。このサイト、プロフィール欄からブログ形式の日記にリンクを張れるようになっていて、これが人格を判断する大き
な材料になっているのだ。
書くべき日記は、
●休日には友人同士でサッカーの試合を楽しんでる(ウソ)
●高級レストランや旅行先の写真(パクリ写真)
 こういうレベルだ。家族を大事にする男を演出するため、旅行などは両親と出かけたことにしておくのも一策だ。
 狙いは結婚を意識しだす20代後半の大人し目の女性だ。ファーストメールでは、プロフを見て気に入った旨を伝え、「よかったら日記も読んでください」とさりげなく誘導しておけばいい。
 無料で1日5人にまでメールを送れるので、ほぼ毎日、コピペした定型文を相手のプロフに合わせて多少アレンジを加えて送り続ければ、最低でも月に2、3人から返信がくるはずだ。
 週に2、3回の日記更新と、1日5通のメール爆撃を習慣化させれば、セフレ(彼女)が切れることはないだろう。