読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

出会い口説きALLOK

デキル男のためのライフスタイルマガジンです

掲示板に電話番号をのせられた女の逆襲逆ナンパ

東京の某零細メーカーに勤める25才の女です。彼氏はいません。
たまに出会い系サイトで仲良くなった男性と付き合おうとするのですが、みんな2.3回会うだけで別れてしまいます。いわゆるヤリ捨てです。10代のころからそんな恋愛ばかりだったので、男はみんなカラダ目的だと思うようになりました。

2年ほど前から、生活費を賄うため、週に1?2回、平日の夜の仕事帰りにデリヘルのバイトを始めました。風俗の仕事を始めてから、男性に対する期待はますます小さくなっていきましたが、お店の待機部屋では何人かの女の子たちと仲良くなり、親友と呼べる子もできました。ところがしばらくすると、
ネットの掲示板に、私の本名や電話番号と一緒に
『タダでやらせてくれるぞ』
と書き込まれる嫌がらせを受けました。たぶんお店の女の子の仕業でしょう。それを見た男たちからの電話が頻繁にかかってきました。
『ミハルちゃん?ネットで番号見たんだけど、タダでヤラせてくれるってホント?』
『もしもし、いま君のこと考えながらチンポ触ってるんだけどさ…』
ほとんどがこの手のイタズラ電話でしたが、ある日、電話をくれた1人の男は少し様子が違いました。
『もしもし、掲示板に名前と電話番号が載ってたよ。誰かにイタズラされてるんじゃないの?』
彼は本気で心配してくれているようでした。。その親切さに私はふらっとしてしまいました。
『ありがとうございます。イタズラ電話に困ってて 』
『悪いヤツがいるんだね。そのうち止まると思うから心配しないで』
その後も彼とは何度か電話で話し、いつしか実際に会う流れになりました。
彼は電話で話したイメージどおり優しい雰囲気の男性で、今まで出会い系やフーゾクで知り合った男性のようにガツガツしていません。すぐに好きになってしまい、そのまま身体の関係を持ちました。
お付き合いするまでにはならなかったけれど、カラダ目的で遊ばれたのとは違い、どこか満たされた気分でした。

しばらく経ち、イタズラ電話が掛かってくることもなくなると、なんとなく寂しい気持ちになってきました。
また私のことを親身になって考えてくれる、優しい男性に会いたい…。
寂しさに押しつぶされそうになった私が取った行動は、自分で自分の携帯番号を、掲示板に載せることでした。
『ミハル。こいつは変態のクソ女だぞ。090○○○○…』すぐに非通知の電話が頻繁 に掛かってくるようになりま
した。イタズラ電話はすぐに切ります。私が待っているのは、親身になって心配してくれる優しい男性だけですから。
『もしもし、掲示板に電話番号が載ってたんだけど』
『え?本当ですか?(知ってるけどトボけて)』
『イタズラされたみたいだね。削除依頼出しといてあげるよ』
彼こそが待ち望んだ男性です。なんとか会ってみたいものです。
『ありがとうございます。良かったらお礼を言いたいので、会ってもらえませんか?』
『もちろん。お礼なんていらないけど、会ってみたいよね』対面してみると、とてもイケメンとは言いがたいタイプの男性でしたが、やはり出会い系男性のようなガツガツしたところがなく、こういう人とならお付き合いしたいなと思いました。ゴハン美味しかったですね。あの、もし良かったら、もう少し一緒にいてくれません か?」
結局、私の方からホテルに誘い、男女の仲になりました。優しさに飢えている私にとっ ては、誠実な男性に身体を抱 かれているときが一番心が安らぐのです。
彼とも正式にお付き合いすることはできませんでしたが、その後も自分でイタズラ書き 込みを繰り返した私は、これ だと思った相手をお礼の名目で誘っては、その日のうちに 関係を持ちました。
毎回毎回、彼らとの関係が長く続かないことを考えると、この方法で男の人を探すこと自体、間違ってるのかもしれ ません。でもダメだとわかっていても、寂しさに負けてしまい、たまに掲示板に電話番号を書いてしまうのです。
もしもネットで「ヤリマン女」の個人情報を見たら、女の子に優しく接してあげてください。寂しい女が、優しい彼氏候補を待ってるかもしれませんので。