読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

出会い口説きALLOK

デキル男のためのライフスタイルマガジンです

本当はいい人だった!芸能人に学ぶモテたければギャップを

バラエティに引っ張りだこのマツコ・デラックスさん(本名、松井貴博さん)は、
親は身の程を知れ。
ブサイクなお前の娘が、シンデレラなんかできるわけないでしょ!
なんて毒舌をはいたりしますが現場の人間からはマジで愛に溢れているという声が多数です。
悪口や厳しいコメントをしながらも、受け入れられるのは根が良い人だからでしょう。
加藤綾子アナは以前ホンマでっか!?TVで体調を崩した際に、番組内でのイジりとは裏腹にマツコ・デラックスから心配の電話を受けたそうですし、芸能人にだけでなく矢部美穂の母・矢部文子さんにも楽屋にいると、マツコさんの方から

「よろしくお願いします」と挨拶に言ったそうですから本当に優しいのでしょう。

ダウンタウン浜ちゃんも
ほんこんに「タバコを背中に入れたら熱いんか」と言ったり
雨上がりの宮迫は、浜田の車に軽くはねられたにも関わらず「殺すぞ!」と言われたり怖いキャラで通ってますが、
華原朋美さんは失恋した時に「辛いことを重ねていって大人になるんや」と浜ちゃんに励まされたそうですし、
不倫騒動で仕事がなかった石田純一さんに
「バラエティ出演されたほうがいいですよ。」と後押したのも浜ちゃんです。
なので現場の評判はもちろん良く共演の豊崎アナにも
「本当はとてもやさしい方なんですけど、テレビでは面白くするためドSキャラを演じて、ウソをついていらっしゃる」と良い人がバレちゃってます。
良い人だけでなく生き抜く力というか嗅覚も鋭いようで劇団ひとり
「芸人って馬鹿な奴ばっかりですよね」と発言したとき浜ちゃんは
「いや、俺はね、いろんな業界の人と一緒に仕事してきたけど、お笑いやってる人間が1番賢いと思うよ。」

と言いスポーツ、俳優、文化人、芸人などいろんな分野の人とトークしてきた浜ちゃんだからこそ劇団ひとりも説得力がある言葉だと感じたそうです。
これくらいギャップのある人間になるともう少しモテるようになるかもしれませんね。