出会い口説きALLOK

デキル男のためのライフスタイルマガジンです

入店したての現役女子大生キャバ嬢をカネでくどく

 

金がないから夜の世界に飛び込んだ。だけどまだ日が浅くそんなにお給料はもらってない。そこに現れるお客様、オレ。
「なあ、お小遣いあげるから一晩付き合わないかい?」

エンコーは滅多にないが、こういう形でのエンコーならあると思う。元々がラクしたがりの人種だから、目の前のカネには目がくらむはず。信用できそうな男となら簡単に寝ちゃうんじゃないの?

本作戦に持ってこいのキャバクラを見つけた。ホームページによると、面接時に学生証を確認し、現役女子大生だけを集めているらしい。

金曜の峰一店に向かい、受付スタップに「新人をつけてくれ」と鼻立ちのハッキリした美人さんである。

「入ってどのくらい?」

「えっと、2週間目くらいですかね」

新人は新人だが、懐具合はどうだろう…と思ったらこんなことを言い出した。

「大学が女子大なんですけど、まわりにお嬢さまが多いんですよ」

「まさかキミも?」

「わたしはフッーだから。1人暮らしなんですけど、お金ないんで自炊とか頑張ってるし」

よろしい。金持ちの友達連中とやっていくためには金がいるから、水商売に足を踏み入れたって感じか。そしてまだ稼いでもなさそうだし。ロックオンだ。

「ねえねえ。タイプなんでアフターしてくれないかな?お小遣い出すから」

「お小遣い?」

相手の表情が急に強ばった。
「そういうのムリなんで」
「2万だよ2万」
「できないんで」

応じる気配はゼロだ。気取りやがって。
次に着いたのは入って1ヵ月という女の子である。
「最近買った一番高いモノってどんなもの?」
「高いモノ?ぜんぜん思いつかないんですけど」
「ちなみに、右手のその指輪はいくらなの?」
「あ、これ、5千円くらいのやつですよ」

この1カ月でガッッリ稼いでいたら、そんな安モンの指輪つけて接客しないだろう。貧乏人のはずだ。
ところが、2万円のエンコーを持ちかけたところ、彼女も突つばねてきた〆

さらに次のコにも断られた。入って2週間で、金がないのは間違いなさそうだったのに

「ゼッタイ無理」

女子大生キャバ嬢、予想以上に身持ちが固いんですな。

閉店まであと1時間ほどだが謎まだあきらめない。

4人目は、武井咲を少しふっくらさせたようなルックスで、入店して1週間らしい。

「大人っぽいよね。何年生?」

「4年です。就職も決まってるんですよ」

「おめでとう」

「というか私、その会社でもバイトしてるんですよね」

バイトの掛け持ちを始めたってことは、それだけ金が必要ってことだ。いいぞ、いいぞ。

「卒業旅行とか考えてるの?」

「オーストラリアに行きたいと思ってるんですよ。できればアメリカにも」

「ほほl」

「どっちも留学したことあるんですけど、すごく良かったんで」
2つも行くとなると、そりやあバイトも掛け持ちしなきゃね。
話が一区切りしたところで、本題を切り出す。
「今日アフターしてくんない?」
「今日ですかぁ」
「相談したいことがあるんだよね。

例えば、お小遣いあげるから朝までいてくれないかみたいな話なんだけど」
「…ははっ」
苦笑いされている。またダメなパターンかも。
と思ったら、直一後に意外な反応があった。
「2万は安いでしよ」
安いと来たか。つまり金額次第じゃOKってことじゃん。
「じゃあ、3万ならいいの?」

何だこのコは。ゾクゾクするってどういうことだよ。
こんなこと言われちゃ放っておけない。4万は大金だが、食いついてやろうじゃん。
「4万払うよ」
「ホントに?」
どうせウソでしよ?みたいな
「払ってもいいし」
「ホントに?」
「とりあえずアフターしてよ。メシでも食いながら相談させてちょうだいよ」
「じゃあ、店終わったあとメールするね」
よし約束だぞ。

店を出たあと、
「ホントだって。キミになら4万で待ってるよ〉とメールを送った
のだが、結局返事は来なかった。
おちょくられたのかよ。

しかし2日後・その女子大生からメールが

何だ今さら?またおちよくろうってか。でも、わざわざこんなメールを送ってくるなんて、やはり4万円に目がくらんだのかもしれない。

〈明日はどうですか?相談していたサポの件もおねがいします〉

メールを送ってみると、返事はすぐきた。
〈明日お店だよ?同伴でもいい?〉
キャバ嬢お得意の営業だ。ま、セックスした後で、軽く飲んでやってもいいけどな。
〈同伴了解。じゃあ、夕方5時に待ち合わせね〉
〈いいよ6時に店に入る形になるけど、大丈夫?あと、明日は食事だけでもいい?〉
はぁん?食事だけ?何をぬしとんじゃ。カモにしようとしこんな営業をかけてくるってことは、やはり金を欲しがってることに間違いはない。ならば、会って現ナマを掴ませれば、勢いでエンコーにも応じるのではないか。なにせ4万でゾクゾクする女なのだ。
ただ、さすがに1時間しかないとなるとヤルこともできないな。

〈明日の待ち合わせ時間、夕方4時に変更できない?よろしくお願いしますオススメの寿司屋ががあって〉

〈お寿司いいですね。頑張って急ぎます〉

夕方4時ジャスト。駅前で待っていると、彼女からメールが届いた。

〈ごめんなさい。今、電車乗ってます〉

案の定である。キャバクラ嬢は、こうやってデートの時短をする人種なのだ。あの女子大生、かなりやり手かもな。
待たされること⑱分。ようやく彼女がやってきた。
「遅れてごめんなさlい」
「いいよいいよ」
「じゃあお寿司に行く?」
「あっ、予約時間が過ぎちゃったから…」
まあ最初から予約なんてしてないけどね。金がもったいないし、そこらのマックにでも入るとしましょう。
さあ、さっそく交渉に入ろうか。
「でさ、4万円の話なんだけど、やっぱりお願いできないかな?」
財布を取り出し、万札をちらつかせる。
「え-ダメですよ」
「本当にダメ?」
「だってまだ会ったばっかりだし」
「まあそうだけど、ぜひともお願いしたいんだよね」
「え-」
「ほら渡すから」

洋服も靴もかえるし。いろいろ遊べるよ。いいバイトだと思わない?」
「…まあ、思うけど」
おっ。
「ほんと1時間だけ。さくつと終わるからさ」
すると、彼女がぼそっと言う。
「お店の人には、ゼッタイ言わないでよ」

スキップするような気分でラブホに向かう。部屋に入ると、彼女
「4万だよ4万これがあれば」

「・・・え」

「1時間だけサクっと」

強引に彼女に握らせる。
「ちょっと待ってよ」
「ホントお願い」
「でもぉ、時間もないし」

口ではそう言うが、彼女は万札を握ったままだ。

サイフから4万円を取り出して手がチンコを握ってきた

バスタオルを胸元にくるつと巻けつこう普通に楽しもうとしてる
「あっ、ああん、あん」
かわいいねえ。おかえしにとばかり、アソコにキスをかますと、舌がぬるりだ。
この子絶対こっちのほうが向いてるよ

この作品を電子書籍で読む⇒こちら