読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

出会い口説きALLOK

デキル男のためのライフスタイルマガジンです

女性看護師、保育士、音楽教師中心お見合いパーティで出会いを求めた実録体験談

あるお見合いパーティ業者が、毎月数回、「女性看護師、保育士、音楽教師中心編」と銘打ったイベントを定期的に開催している(男性側の職業は不問)。本企画には打ってつけのの設定だ。

迎えた当日、午後5時。足を運んだ会場は、まずまずの混雑ぶりだった。男女とも各20人はいるだろうか。
さてさて、どの子が性欲溜まりまくりのナースなのだろうか

「あ、オレ、あの子にしよっ」
タテベが続く。
「じゃあ俺、あの子」
タネイチ、セントウはさすがベテランだ。
「顔より、押しの弱さを探るべきですよ」
血気盛んな者どもよ、期待してるぜ。

看護師は二人だった。

1人は四才童顔70点。もう1人はほうれい線の目立つ40点。どちらも単独参加だ。

フリータイムにおいて、我々5人はこの2人のみに個別にアタックを仕掛けた。70点のほうはライバルが多いため厳しいかもしれないが、40点とは誰かがカップルになれるだろう。

やがて結果発表の時間を迎えた。
なんと70点ちゃんをセントウが見事に射止め、40点ともタネイチがしっかり射止めた。

お相手の70点ちゃんミサキちゃん(仮名)は、芸能人で言うと宮崎あおいにどことなく雰囲気が似てる子だ。まずは飲みに行って、やらしい雰囲気に持っていきましょっか。
会場を出て、近くの居酒屋に。
「ぼくは生ビールだけど、何にする?」
「じゃ、ジンジャーエールで」
「へ?お酒飲めないの?」
「はい、まったく。頭がすごく痛くなっちゃうんで」
弱ったな。せっかく淫乱の要素を持ってる子なのに。でもパーティにあれだけ男がいたのに俺を選んだってことは、かなり惚れちゃってるわけだからね。気長に攻めましょう。
「看護のお仕事って大変でしょう。尊敬するよ」
「いや、そんなそんな」
「こういう子が看護してくれるなら入院したいかも」
「あはは」
「でも出会いってないの?」
「ないですねえ」


いわく、彼女はかなり大きな総合病院で働いているのだけど、ときどき医者と付き合う看護師がいるくらいで、他はみんな地味な生活をしているそうだ。


「へえ、じゃあミサキちゃん、ぼくと真面目に付き合いませんか。大切にしますよ」
ふふ、俺たちカップルなんだからこれくらいストレートでいいよれ。

さあ、返事をちょうだい

「え、まだ出会ったばっかりだから…」
あれれ?
この日はこれで終わったけれど、俺はあきらめない。1週間後、再デートの約束を取り付けたのだ。

今度もまた居酒屋に入り、ビールとソフトドリンクで乾杯。今日は堅苦しいお付き合い話はしないで、勢いでハメちやう戦法だ。工口い子ってそういう流れを求めがちだし。

俺ばかりがさんざん飲んで、じざ店外へ。すでにお店で手相を見せ合ったりしてボディタッチは済ませてある。もう行くしかない。

「なんか、酔っちゃったみたいだよ」
そう言って手を握ろうとしたら、すかさず振り払われた。
「そろそろ帰らないと」
「え、もうちょっといいでしよ」
「明日、朝早いんで」

おっかしいな。俺たちカップルじゃ
なかったの?

2度目のデートで行けなかったらまず今後は無理っす」。意外とナースも固かった

一方もうひと組めでたくカップルになった40点のイクミさん(仮名)は、決して俺の好みではないのだが、なんとか今夜中にキメてみたい。いかにも婚活中っぼいのが面倒そうだけど。
ともあれ、まずは目に止まったワインバーヘ。共に赤ワインで喉をうるおす。
「明日は仕事なの?」
「仕事だけど、遅番なので深夜からですね」
てことは、ほほ休日と考えていいだろう.このままグイグイ飲んでくれ。

「最近、婦長が新しくなって、色々と大変なんですよね」
「上司ってこと?」
「そうですね。その日の気分によって言うことが違ったり、自分の気に
入らない人に面倒な仕事押しつけたりするんで、すみません、暗い話しちゃって」

「いやいや、大変な仕事だもんね」

看護師は出会いが少ないうえに仕事のストレスも多いので、愚痴を聞いてくれる男にはいい印象を持ってくれるはずだ。

彼女はすでに2杯目に突入した。
予想以上のハイベースだ。いいぞ。

「でもイクミさん、モテそうだよね。可愛いし、雰囲気も柔らかくて、すごくいいよ」

「え、全然ですよ」

試しに「指、キレイだね」と手を触ってみると、嫌がるそぶりもみせずに指を絡めてきた。もう結構酔ってるなこの子

夜10時を過ぎたあたりで店を出た。ここが勝負どころだ。
「もう少し近くで飲んでもいいし。どっか2人きりになれるとこがいいな」

「え、どこかありますか?」

「うん、ちょっと探してみようよ」

小声でささやき、さりげなく手を繋いでみると、ぎゅっと握り返してきた。この感じ、たぶんイケると思います。

無言のままホテル街に向かって歩いていき、途中のコンビニ前で勝負に出た。

「ここでお酒とかつまみ買って行こっか」

「あ、うん」

この行動がどういう意味か、もちろんわかってるよね。

ごく自然な流れで、コンビニ近くのホテルに入った。

エレベータでキスをかます。彼女の鼻息が一気に荒くなり、ベロベロと舌を絡ませてきた。どうやらかなり興奮してるようだ。

ベロチューで火が付いたのか、部屋に入った瞬間に抱きついて、またもや激しいキス。そのまま胸をまさぐると、「はあ、はあ」と荒い息が漏れてきた。

服の下から手を入れ、ブラの中の乳首を摘むと、すぐに固く勃起してくる。感度もよろしい。「イクミちゃん、エッチだね」「え、そんなことないよ…」

お互い裸になり、ベッドに移動。
すぐに勃起した大きめの乳首を口に含んでコロニロ転がして
「んんっ!」
「じゃ俺のも祇めて」
「ング、ングング」
シャワーも浴びてないのに、勃起したチンコにむしやぶりつく

四つん這いにさせ、プリブリの尻を手で開いてみると、股間はすでにグチョグチョだ。そのままバックの体勢で一気に挿入!

結果
セントウ黒星。タネイチ白星で、勝率5割。むろん、この成績では、看護師工口い説を実証したとはとても言い難い。

そこで次回は、お見パの惨敗組であるおれ、タテベ、スズキの3人で、
新たな戦場へ出向くことにした。看護師との合コンだ。お楽しみに!

この作品を電子書籍で読む⇒こちら