読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

出会い口説きALLOK

デキル男のためのライフスタイルマガジンです

実はメリットが多いLINEの告白

女性に告白するタイミングなどそのようなものどうだっていいと感じている方はいませんか?ビックリすると思いますが、女性の方に告白するタイミングは、告白の成功率とかなり密接な関わりがあるのです。女性の方は男性よりお誕生日やクリスマス、バレンタインなどのイベント事を重要視している生物なのでその時期は、いつも何とも思わない人でさえ彼氏が欲しいなと思ったりします。と言う事は、その時期に告白をすれば、成功率がとりわけアップするということだと言えます。

しかも今はLINEがあるのでいつでも告白できますね。
直接会って告白しようとすると、顔を見ると恥ずかしくて緊張してなかなか言葉が出てこないということがあります。そのためらいが相手にもどかしさを感じさせイライラさせることもあります。そこで最近緊張しがちな若者を中心にLINEでの告白が増えています。直接会って告白した方が思いは伝わると思うかもしれませんが、LINEで告白なら思い切って好きだと言えそうと言うLINEの気軽さ、相手が悩む時間を考えると、告白の1つの手段になってきているようですね。

LINEは無機質に感じられるけど、告白後の2人の間に流れる微妙な空気感を感じなくてすむ、お互いの表情が見えないのはある意味メリットなのです。ではどのように告白するのがベストなのでしょうか?

成功例1 直球勝負
ずっと好きでした。付き合ってください。
好きで付き合いたい気持ちをシンプルに男らしく直球で伝えればLINE上でも女子の心は動きます。

成功例2 縦読み
LINEの縦読みはLINEトークを縦で読んでみると「すきだよ」とか頭文字で読めるようになるというものです。ただ手の込んだ告白とは裏腹に思い切りフラれるパターンも多いようです。

あとタイミングは非常に大事です。一つおすすめなのが、女性が落ち込んでいる時。落ち込んでいる時の女性は、話を聞いてくれる人、励ましてくれる人に弱い傾向があります。普段は友達としか思えてなかった人でも、そういう時の女性の支えになってあげたら、告白の成功率もアップするでしょう。

またエイプリルフールも上手に使いましょう。仮に振られたとしても「エイプリルフールだから」と濁せるので、相手とも気まずくならないので、当たって砕けろ精神でチャレンジする価値はあります。

LINEでの告白のメリットは失敗した時の後腐れのなさにもあります。相手からもLINEで返事が返ってきますが、振られても電話だとあからさまに声のトーンが引くなるのがバレますが、LINEだとバレません。スタンプを上手く使って、嫌味なく元気に返事できればいつかまたチャンスがやってくるかもしれません。

LINEでの告白の成功率は電話や直接会っての告白の成功率は、相手の気持ちはどんな方法を使って告白されても気持ちは同じだからほとんど変わらないでしょう。LINEをうまく活用して告白のチャンスを増やしましょう。